ログイン

無料登録

クチコミをAIで解析する広報支援サービスとは

株式会社クリーク・アンド・リバー社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井川幸広)のグループ企業で、データ情報分析サービスを行うエコノミックインデックス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼、CEO:ブロディ・エルマー・ジュリアン、以下EI社)が12月1日(木)、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)のTwitterに掲載されたクチコミ情報を解析して可視化する独自アプリケーションの、広報支援・プレスリリース配信サービス「@Press(アットプレス)」への提供を開始いたしました。

「@Press」は、広報・PR支援のニュースワイヤー事業を展開するソーシャルワイヤー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:矢田 峰之、マザーズ:3929)が運営するサービスで、今回EI社が提供する仕組みは、 「@Press」でのプレスリリース配信申し込み時に15,000円(税別)で選択できるオプションサービス、「口コミ分析オプション」として利用できます。

TwitterやFacebookなどソーシャルメディアの台頭により、企業は商品やサービス等を取り上げた記事を把握するだけではなく、その先の一般消費者の動向・傾向までを把握することが、広報効果測定の重要な指標として考えられるようになり初めております。ビッグデータ解析の技術を応用して開発したEI社のアプリケーションは、このような測定ニーズの多様化に対応しており、ソーシャルワイヤー株式会社に採用されました。

EI社の提供するアプリケーションは、人工知能(AI)技術の一つである「機械学習」や「情報検索」、「データマイニング」「自然言語処理」を活用して分析を行っております。「@Press」 にて配信されたプレスリリースのTwitter上での拡散状況を、年齢層・性別・好印象度・共起された言葉をグラフなどを用いて可視化する仕組みとなっております。これにより、 「@Press」にてニュースリリース配信を行った企業は、リリースの拡散状況を把握し、そして今後のプレスリリースへの改善や広報戦略、マーケティング戦略立案や見直しへの活用が可能となります。

 

エコノミックインデックス社が提供するクチコミ分析アプリケーション画面

エコノミックインデックス社が提供するクチコミ分析アプリケーション画面

関連記事

“働く義務”から“働く権利”へ 元Google本社副社長・村上憲郎氏に聞く 【前編】

“働く義務”から“働く権利”へ 元Google本社副社長・村上憲郎氏に聞く 【前編】

動き出した「AIロボット」。実現する非定型業務の自動化

動き出した「AIロボット」。実現する非定型業務の自動化

AIの拡大市場は、視覚情報と自然言語

AIの拡大市場は、視覚情報と自然言語

第4の産業革命をもたらすAI、現在の到達点

第4の産業革命をもたらすAI、現在の到達点

88%の企業がAIを重要と考える

88%の企業がAIを重要と考える

クチコミをAIで解析する広報支援サービスとは

クチコミをAIで解析する広報支援サービスとは

AIを活用したWEBサービス3選

AIを活用したWEBサービス3選

単にAI導入するだけではダメ!ビッグデータを使いこなすための必須条件とは!?

単にAI導入するだけではダメ!ビッグデータを使いこなすための必須条件とは!?