ログイン

みずほ情報総研、RPA導入支援サービスの提供を開始

みずほ情報総研株式会社は、2018年2月8日(木)にRPA導入支援サービスの提供を開始したことを発表した。

本サービスは既に、株式会社京葉銀行におけるRPA導入推進にあたり採用されている。同行では、働き方改革の一環として生産性の高い業務運用体制の構築を目指し、本サービスを活用することでスピーディかつ効率的RPA導入を推進すると共に、弊社BPR支援コンサルティングによる全行的なBPR推進に取り組まれており、RPA導入とBPRの両面で業務改革を推進している。

昨今、働き方改革や労働人口減少などの環境変化に対応するため、企業の課題となる業務効率化や生産性向上などの解決の手段の一つとして、RPAを導入する企業が増えている。しかしながらRPA導入を成功させるためには、「費用対効果に見合わないRPA製品が導入されてしまう」「RPA導入を現場任せにしたことにより、複数のRPA製品が乱立してしまう」「RPA化において設計・開発におけるドキュメントが整備されず、保守・メンテが困難になる」などの課題・リスクを踏まえてプロジェクトを推進することがカギとなる。

本サービスは、RPA導入の実績とノウハウを基に、RPA製品の選定やプロジェクト支援などのコンサルティングからRPA開発、運用保守までを包括的に支援する、みずほ情報総研ならではの支援サービスである。RPA導入方針や社内体制構築など導入計画の策定支援や、RPA導入に必要となる各種ドキュメントの提供、RPA製品選定に関するアドバイスなど、RPAを導入しようとする際に直面する課題解決に向けて、ユーザー目線で支援する。本サービスの形態として、アドバイザリ型とフルサポート型の2種類があり、顧客の要望に応じた柔軟な対応が可能である。

みずほ情報総研は2016年度よりオペレーショナルエクセレンス(卓越した業務遂行力)推進におけるRPA導入を支援してきた。今後はみずほでの取り組みに加え、本サービスを全国の地銀・信金などの金融機関のみならず、一般事業法人や官公庁・自治体などのマーケットにも展開していく。

引用元:みずほ情報総研株式会社 プレスリリース詳細へ

【本件に関する問い合わせ先】
・みずほ情報総研株式会社
 グループ統括部 担当:吉川 誠一郎
 TEL:03-5281-7548 Mail:info@mizuho-ir.co.jp

2018/2/8データ提供 みずほ情報総研株式会社

 

この記事にコメント

ログインしてすべてのコメントを見る
無料会員登録する

よく読まれている記事

中国電力グループ「エネコム」が挑む「RPA×地方創生」

中国電力グループ「エネコム」が挑む「RPA×地方創生」

業務プロセス改革の本質は「顧客満足度向上」――ペガジャパン渡辺社長に聞く

業務プロセス改革の本質は「顧客満足度向上」――ペガジャパン渡辺社長に聞く

日本型RPAが世界標準モデルになる――UiPathダニエルCEOに聞く

日本型RPAが世界標準モデルになる――UiPathダニエルCEOに聞く

RPAツール「RPA Express」は完全無料――WorkFusionローネンAPAC代表に聞く

RPAツール「RPA Express」は完全無料――WorkFusionローネンAPAC代表に聞く

政府が2018年に進める「生産性革命」――内閣官房・佐野参事官に聞く

政府が2018年に進める「生産性革命」――内閣官房・佐野参事官に聞く

帝人フロンティアのRPA挑戦と繊維業にもたらす革新

帝人フロンティアのRPA挑戦と繊維業にもたらす革新

PC国内最大手が描く“未来の働き方” ――レノボ・ジャパン留目社長に聞く

PC国内最大手が描く“未来の働き方” ――レノボ・ジャパン留目社長に聞く

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(後編)

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(後編)