ログイン

無料登録

ニーズウェル 「WinActor」の販売を開始

株式会社ニーズウェルは、株式会社エヌ・ティ・ティ・データと特約店契約を締結し、純国産 RPA ソリューション「WinActor」の販売を開始した。

WinActor とは、2010年に NTT 研究所で産まれた国産のRPAソリューションである。Excel やブラウザはもちろん、ERP や、ワークフロー、OCR から個別の業務システムまで、Windows 端末から操作可能ならあらゆるアプリケーションの操作手順をシナリオとして学習し、自動化できることを強みとしている。

引用元:株式会社ニーズウェル プレスリリース詳細へ

【本件に関する問い合わせ先】
・株式会社ニーズウェル
 TEL:03-5360-3671 FAX:03-5360-1658
・製品・サービスに関して
 営業部Mail:rpa_sales@needswell.com
・ニュースリリースに関して
 総務部IR担当Mail:ir-contact@needswell.com

2017/12/22データ提供 株式会社ニーズウェル

この記事にコメント

ログインしてすべてのコメントを見る
無料会員登録する

よく読まれている記事

PC国内最大手が描く“未来の働き方” レノボ・ジャパン留目社長インタビュー

PC国内最大手が描く“未来の働き方” レノボ・ジャパン留目社長インタビュー

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(後編)

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(後編)

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(前編)

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(前編)

DeNAのRPA活用—運用は100%社内リソース

DeNAのRPA活用—運用は100%社内リソース

アンドロイドと共に生きる未来 — “マツコロイドの父”・石黒浩氏に聞く

アンドロイドと共に生きる未来 — “マツコロイドの父”・石黒浩氏に聞く

人工知能時代に人間が生み出せる価値とは ホロス未来会議2050発起人・服部桂氏に聞く

人工知能時代に人間が生み出せる価値とは ホロス未来会議2050発起人・服部桂氏に聞く

「RPAは収益を生み出すエンジン」 住友林業情報システムのRPA活用方法とは

「RPAは収益を生み出すエンジン」 住友林業情報システムのRPA活用方法とは

ロボットとの協働を前提とした組織形成が重要 元人工知能学会会長・松原仁氏に聞く

ロボットとの協働を前提とした組織形成が重要 元人工知能学会会長・松原仁氏に聞く