ログイン

無料登録

さくら情報システム、「SakuRobo」の提供を開始

さくら情報システム株式会社は、米UiPathが提供するRPAツール「UiPath」を利用したRPAソリューション「SakuRobo」の提供を開始した。

昨今、労働人口の減少を背景として、働き方改革による仕事の効率化がどの企業にとっても解決すべき課題になっている。これまでも、システム導入やBPOサービスの利用で、課題解決してきた。それらに加え、事務系社員がパソコンを使った定型事務・反復作業の効率化で注目をされてきたのがRPAである。

「UiPath」は、システムの種類を選ばず、視覚的に設計できる操作性の高いRPAソフトウェアである。また、企業の業務内容に応じた機能拡張も容易で、幅広い業務に適用できる。全世界で660社以上、日本でも70社を超える導入実績があり、作業効率化やコストダウンに大きく寄与している。

このように国内でもRPAが普及し始めたが、対象業務の選定・ツールの選定・導入方法・導入後の運用方法がわからないという企業がまだ多くあるのが実情である。導入の一番のポイントは対象業務の選定であり、効果が見込めるかどうかの判断をする必要がある。さくら情報システムでは、対象業務選定のアドバイスを含め、まずは「RPAお試し支援サービス」、その後の本格導入へ向けた「RPA導入支援サービス」、お試しから本番稼動までトータルでサポートする「プロフェッショナル・サポート」の3つのサービスを提供する。

引用元:さくら情報システム株式会社 プレスリリース詳細へ

■さくら情報システム株式会社について
商号  :さくら情報システム株式会社(オージス総研・三井住友銀行のグループ企業)
本社  :東京都港区白金1-17-3 NBFプラチナタワー
設立  :1972年11月29日
業務内容:三井住友銀行およびグループ会社の基幹システムを支え、幅広いお客様にハイレベルなサービスを
     提供している。

【本件に関する問い合わせ先】
・報道に関して
 さくら情報システム株式会社 営業本部 営業企画部 藤原・河西
 TEL:03-6757-7211 Mail:solution1@sakura-is.co.jp

2017/12/26データ提供 さくら情報システム株式会社

この記事にコメント

ログインしてすべてのコメントを見る
無料会員登録する

よく読まれている記事

PC国内最大手が描く“未来の働き方” レノボ・ジャパン留目社長インタビュー

PC国内最大手が描く“未来の働き方” レノボ・ジャパン留目社長インタビュー

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(後編)

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(後編)

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(前編)

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(前編)

DeNAのRPA活用—運用は100%社内リソース

DeNAのRPA活用—運用は100%社内リソース

アンドロイドと共に生きる未来 — “マツコロイドの父”・石黒浩氏に聞く

アンドロイドと共に生きる未来 — “マツコロイドの父”・石黒浩氏に聞く

人工知能時代に人間が生み出せる価値とは ホロス未来会議2050発起人・服部桂氏に聞く

人工知能時代に人間が生み出せる価値とは ホロス未来会議2050発起人・服部桂氏に聞く

「RPAは収益を生み出すエンジン」 住友林業情報システムのRPA活用方法とは

「RPAは収益を生み出すエンジン」 住友林業情報システムのRPA活用方法とは

ロボットとの協働を前提とした組織形成が重要 元人工知能学会会長・松原仁氏に聞く

ロボットとの協働を前提とした組織形成が重要 元人工知能学会会長・松原仁氏に聞く