ログイン

無料登録

PwCあらた、RPA導入・利用時の支援サービスを提供開始

PwCあらた有限責任監査法人は、20171218日、RPA導入・利用におけるガバナンス/リスク管理態勢の評価・整備支援サービスの提供を開始した。

PwCあらた有限責任当法人は、RPAの導入・利用にあたり必要な、リスク管理・ガバナンス面での対応事項を洗い出すフレームワークを開発した。本フレームワークは、個々のロボットの重要度およびリスク評価、ロボットに対するIT全般統制などのセキュリティ確保、内部統制監査対応などの「守り」部分のみならず、RPA導入の目標・戦略達成や人材育成などの「攻め」の部分も含んでおり、企業がRPAのメリットを最大限に享受し、安全かつ効率的に導入・利用するためのポイントを明示している。当法人がこれまでのアシュアランス業務で培ってきたガバナンス、セキュリティおよび内部統制監査の知見・経験を活かしたものになっている。

働き方改革の気運の高まりなどを背景に、金融などさまざまな業界でRPAの導入が急速に拡大している。一方で、RPA導入に関し具体的で、広く認知された基準・ガイドラインはないのが現状である。十分な管理体制・ルールを定めずにRPAを導入した結果、仕様検討が不十分なことによる誤処理やロボットが使用するIDの不正使用、財務会計に係る内部統制(SOX)への影響などのリスクを多くの企業が認識している。しかし、過度に厳格な管理ルールを設けた場合、RPA導入のメリットを失う可能性があるなど、基準の策定は容易なものではない。
本フレームワークを活用し、当法人はRPAの組織への浸透・定着化や、各プロセスのモニタリング・評価などガバナンスの維持・改善のための仕組み作りを支援する。本サービスを通じて当法人は、内部統制監査対応のみならず、多くの企業が抱える「人材不足」「労務環境改善」「付加価値の高い業務への人材の配置転換」などの経営課題の解決を、ガバナンス/リスク管理態勢の視点からサポートしていく。

引用元:PwCあらた有限責任監査法人 プレスリリース詳細へ

2017/12/18データ提供 PwCあらた有限責任監査法人

この記事にコメント

ログインしてすべてのコメントを見る
無料会員登録する

よく読まれている記事

PC国内最大手が描く“未来の働き方” レノボ・ジャパン留目社長インタビュー

PC国内最大手が描く“未来の働き方” レノボ・ジャパン留目社長インタビュー

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(後編)

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(後編)

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(前編)

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(前編)

DeNAのRPA活用—運用は100%社内リソース

DeNAのRPA活用—運用は100%社内リソース

アンドロイドと共に生きる未来 — “マツコロイドの父”・石黒浩氏に聞く

アンドロイドと共に生きる未来 — “マツコロイドの父”・石黒浩氏に聞く

人工知能時代に人間が生み出せる価値とは ホロス未来会議2050発起人・服部桂氏に聞く

人工知能時代に人間が生み出せる価値とは ホロス未来会議2050発起人・服部桂氏に聞く

「RPAは収益を生み出すエンジン」 住友林業情報システムのRPA活用方法とは

「RPAは収益を生み出すエンジン」 住友林業情報システムのRPA活用方法とは

ロボットとの協働を前提とした組織形成が重要 元人工知能学会会長・松原仁氏に聞く

ロボットとの協働を前提とした組織形成が重要 元人工知能学会会長・松原仁氏に聞く