ログイン

無料登録

山形銀行 生産性向上等を目的にRPAを試行導入

株式会社山形銀行は、株式会社エヌ・ティ・ティ・データ東北と連携し、業務の生産性向上等を目的としたRPAの試行導入を行うことを発表した。

この取り組みを通じて、生産性向上と抜本的な事務の見直しを図り、さらなる経営の効率化を目指していく。

■試行導入の内容
試行期間         :2017年12月11日(月)~2018年2月中旬
RPAソフトウェア     :NTTデータ「WinActor(ウインアクター)」
試行対象業務       :本部で行っている預金・貸出金残高などの定型集計業務 計4業務
試行後の展開について : 本試行により効果や適合性の検証を行い、2018年4月からの全行展開を目指し、
             検討をすすめていく。

引用元:株式会社山形銀行 プレスリリース詳細へ

【本件に関する問い合わせ先】
・株式会社山形銀行 広報 CSR 戦略室 二宮
 TEL 023-623-1221(代表)

2017/12/6データ提供 株式会社山形銀行

 

この記事にコメント

ログインしてすべてのコメントを見る
無料会員登録する

よく読まれている記事

PC国内最大手が描く“未来の働き方” レノボ・ジャパン留目社長インタビュー

PC国内最大手が描く“未来の働き方” レノボ・ジャパン留目社長インタビュー

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(後編)

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(後編)

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(前編)

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(前編)

DeNAのRPA活用—運用は100%社内リソース

DeNAのRPA活用—運用は100%社内リソース

アンドロイドと共に生きる未来 — “マツコロイドの父”・石黒浩氏に聞く

アンドロイドと共に生きる未来 — “マツコロイドの父”・石黒浩氏に聞く

人工知能時代に人間が生み出せる価値とは ホロス未来会議2050発起人・服部桂氏に聞く

人工知能時代に人間が生み出せる価値とは ホロス未来会議2050発起人・服部桂氏に聞く

「RPAは収益を生み出すエンジン」 住友林業情報システムのRPA活用方法とは

「RPAは収益を生み出すエンジン」 住友林業情報システムのRPA活用方法とは

ロボットとの協働を前提とした組織形成が重要 元人工知能学会会長・松原仁氏に聞く

ロボットとの協働を前提とした組織形成が重要 元人工知能学会会長・松原仁氏に聞く