ログイン

無料登録

横浜銀行が900業務を棚卸 住宅ローン業務などRPAを適用

日本IBMは、株式会社横浜銀行が、2017年11月1日から開始したRPAの導入にあたり、対象業務の棚卸や選定、技術検証を支援し、ロボットの開発を開始した。

RPAは、さまざまなシステムやツールを使って手作業で行っていた定型的な作業を、ソフトウェア・ロボットに代替させて自動化する取り組みである。従来のシステムに大幅な変更を加えることなく導入でき、ITを活用した働き方改革や業務改革として関心が高まっている。

RPAは、業務の棚卸を広く行い全体最適を検討することが重要であり、これにより、効果の最大化と投資の最小化を実現できます。そのため、横浜銀行は日本IBMの支援により、本部全体で約900業務の棚卸を行い、その中から大きな効果が見込まれる業務を選定した。

今回、RPAを導入する業務は、住宅ローン業務や、事務センター業務、インターネットバンキングのモニタリング業務などであり、順次対象業務を拡大していく。また、業務のプロセス全体で自動化できる範囲を大きくし、類似業務がある場合にはロボットの共通化を図る。

引用元:日本アイ・ビー・エム株式会社 プレスリリース詳細へ

2017/11/30データ提供 日本アイ・ビー・エム株式会社

この記事にコメント

ログインしてすべてのコメントを見る
無料会員登録する

よく読まれている記事

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(後編)

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(後編)

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(前編)

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(前編)

DeNAのRPA活用—運用は100%社内リソース

DeNAのRPA活用—運用は100%社内リソース

アンドロイドと共に生きる未来 — “マツコロイドの父”・石黒浩氏に聞く

アンドロイドと共に生きる未来 — “マツコロイドの父”・石黒浩氏に聞く

人工知能時代に人間が生み出せる価値とは ホロス未来会議2050発起人・服部桂氏に聞く

人工知能時代に人間が生み出せる価値とは ホロス未来会議2050発起人・服部桂氏に聞く

「RPAは収益を生み出すエンジン」 住友林業情報システムのRPA活用方法とは

「RPAは収益を生み出すエンジン」 住友林業情報システムのRPA活用方法とは

ロボットとの協働を前提とした組織形成が重要 元人工知能学会会長・松原仁氏に聞く

ロボットとの協働を前提とした組織形成が重要 元人工知能学会会長・松原仁氏に聞く

「人口7,000万人の日本」が見出すAIとの協働モデル   元Google本社副社長・村上憲郎氏に聞く 【後編】

「人口7,000万人の日本」が見出すAIとの協働モデル   元Google本社副社長・村上憲郎氏に聞く 【後編】