ログイン

無料登録

RPA BANK、米国RPA・AI協会と提携

株式会社セグメントは、一般社団法人「日本RPA協会」後援のもと、2017年11月30日(木)、RPA・エンタープライズAI国内最大規模イベント「RPA SUMMIT 2017」(於:ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター(大阪))を開催した。

大阪での開催が初となる本イベントでは、16社のRPAエバンジェリストが一堂に会し、最先端のRPA運用事例やRPAにAIを取り入れた事例を紹介するセッションの他、9社のRPAソフトウェアメーカー/OCRソフトウェアメーカーが集まり、ハンズオン形式でRPAロボットの作成を体験ができる「RPAロボット開発体感コーナー」、また、11社のRPA関連製品/サービス/ソリューション展示ブースを実施した。

また今回、RPA 総合No.1プラットフォーム「RPA BANK」は、RPAおよびエンタープライズAIの分野で新たな考え方を市場に発信し、新たな議論や思想・発想を形成することを目的にグローバルで活動する「米国RPA・AI協会」との包括的パートナーシップを締結した。

今後、「RPA BANK.COM」内において、米国をはじめとする海外の最新事例、市場調査レポート、講演動画などの提供を通じて、日本国内におけるRPA市場の更なる普及促進を目指していく。さらに、RPA BANKと米国RPA・AI協会は、RPAをはじめとするソフトウェアロボットの分野で教育コンテンツ開発とサービス提供を通じた人材育成にも注力していく。

■「RPA SUMMIT2017」大阪
日時    :2017年11月30日(木)10時00分~18時30分(受付開始9:00)
会場    :ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター
       (大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 北館 B2F)
主催者   :株式会社セグメント(後援:一般社団法人日本RPA協会)
詳細    :https://rpa-bank.com/summit/osaka2017/
スポンサー :ソフトバンク株式会社、アビームコンサルティング株式会社、株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
       RPAテクノロジーズ株式会社、ブループリズム、グローシップ・パートナーズ株式会社
       株式会社豆蔵、キューアンドエーワークス株式会社、株式会社日立システムズ
       インフォテリア株式会社、株式会社エネルギア・コミュニケーションズ
       株式会社イノベーションネクスト、株式会社オデッセイ(順不同)
当日参加人数:1117名

引用元:PRTIMES プレスリリース詳細へ

2017/12/1データ提供 PRTIMES

この記事にコメント

ログインしてすべてのコメントを見る
無料会員登録する

よく読まれている記事

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(後編)

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(後編)

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(前編)

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(前編)

DeNAのRPA活用—運用は100%社内リソース

DeNAのRPA活用—運用は100%社内リソース

アンドロイドと共に生きる未来 — “マツコロイドの父”・石黒浩氏に聞く

アンドロイドと共に生きる未来 — “マツコロイドの父”・石黒浩氏に聞く

人工知能時代に人間が生み出せる価値とは ホロス未来会議2050発起人・服部桂氏に聞く

人工知能時代に人間が生み出せる価値とは ホロス未来会議2050発起人・服部桂氏に聞く

「RPAは収益を生み出すエンジン」 住友林業情報システムのRPA活用方法とは

「RPAは収益を生み出すエンジン」 住友林業情報システムのRPA活用方法とは

ロボットとの協働を前提とした組織形成が重要 元人工知能学会会長・松原仁氏に聞く

ロボットとの協働を前提とした組織形成が重要 元人工知能学会会長・松原仁氏に聞く

「人口7,000万人の日本」が見出すAIとの協働モデル   元Google本社副社長・村上憲郎氏に聞く 【後編】

「人口7,000万人の日本」が見出すAIとの協働モデル   元Google本社副社長・村上憲郎氏に聞く 【後編】