ログイン

無料登録

ワイドテック、「WinActor」を販売開始

株式会社ワイドテックでは、NTTアドバンステクノロジ株式会社の開発したWindows用RPAソリューション「WinActor(ウィンアクター)」の販売取扱に向け、総販売代理店である株式会社NTTデータとの間で、代理店契約を締結した。

RPAは主にMicrosoft OfficeなどのオフィスアプリケーションやWebブラウザといったGUI(グラフィカル・ユーザーインターフェース)ソフトウェア上で、これまで人の手で行われてきたキー入力やマウス操作などを自動化するもので、「ソフトウェアロボット」とも呼ばれている。RPAは政府が国策として推進中の「働き方改革」の実現に向け、業務効率を飛躍的に向上させるツールとして昨今にわかに注目を集めている。
日本ではRPAが海外製品の導入により立ち上がったことから、操作用のGUIが日本語に翻訳されずに提供されているものが少なくない。しかしながらNTTの研究所で2010年に開発された国産RPAの草分けであるWinActorは、誕生当初から日本語GUIを備え、日本語のPC環境上で検証された、誰もが安心して使えるRPAである。この純国産RPAで「働き方改革」の実現を支援する。

「WinActor」の特徴
・熟練者の操作を記録し、高速で再現
・作業はシナリオ選択のみでOK
・ヒューマンエラーによる作業ミスを軽減

ワイドテックは、エンタープライズITシステムの運用管理市場に向け、サーバーやネットワーク機器を対象とした運用自動化ソリューション「POLESTAR Automation」を提供している。今回、WinActorの取扱開始により、大規模データセンターにおける運用管理から、クライアントPC上での諸作業まで、業務自動化をワンストップで幅広く提案できる体制を整えた。

ワイドテックでは、引き続きWinActorやPOLESTAR Automationなど多彩な業務自動化製品ラインナップの充実を図り、「自動化のトータル・ソリューション・プロバイダー」としての活動をさらに強化していく。

ワイドテックWinActor Webサイト: http://winactor.widetec.com

引用元:株式会社ワイドテック プレスリリース詳細へ

【本件に関する問い合わせ先】
・株式会社ワイドテック
 プロダクト事業部 WinActor営業担当
 電話:03-5829-4178 FAX:03-5829-6258 Mail:winactor@widetec.com

2017/9/29データ提供 株式会社ワイドテック

この記事にコメント

ログインしてすべてのコメントを見る
無料会員登録する

よく読まれている記事

PC国内最大手が描く“未来の働き方” レノボ・ジャパン留目社長インタビュー

PC国内最大手が描く“未来の働き方” レノボ・ジャパン留目社長インタビュー

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(後編)

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(後編)

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(前編)

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(前編)

DeNAのRPA活用—運用は100%社内リソース

DeNAのRPA活用—運用は100%社内リソース

アンドロイドと共に生きる未来 — “マツコロイドの父”・石黒浩氏に聞く

アンドロイドと共に生きる未来 — “マツコロイドの父”・石黒浩氏に聞く

人工知能時代に人間が生み出せる価値とは ホロス未来会議2050発起人・服部桂氏に聞く

人工知能時代に人間が生み出せる価値とは ホロス未来会議2050発起人・服部桂氏に聞く

「RPAは収益を生み出すエンジン」 住友林業情報システムのRPA活用方法とは

「RPAは収益を生み出すエンジン」 住友林業情報システムのRPA活用方法とは

ロボットとの協働を前提とした組織形成が重要 元人工知能学会会長・松原仁氏に聞く

ロボットとの協働を前提とした組織形成が重要 元人工知能学会会長・松原仁氏に聞く