ログイン

無料登録

エン・ジャパンがロボットを活用した採用業務代行を開始

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社は、2017年6月24日より国内No.1のRPA カンパニーであるRPAテクノロジーズ株式会社と提携し、業務自動化支援ロボット「BizRobo! (ビズロボ)」を用いた採用業務代行サービスを開始した。

RPAやAIによる知識労働の自動化は、2025年にはグローバル市場規模で5兆ドル(※)を超えると成長が予測される注目度の高いマーケットである。特に少子高齢化が急速に進み、労働人口が減少する日本では人手不足を補い、生産性を向上する取り組みとして期待が寄せられている。

エン・ジャパンは、これまで正社員や派遣社員の採用・教育の分野で人手不足解消のサポートを行なってきた。業務自動化支援ロボットを用いた採用業務代行をサービス内容に加えることで、人手不足により採用活動に手が回っていない企業の採用業務のスリム化を実現。企業は削減したマンパワーをより創造性が求められる業務にあてることで生産性向上を可能にする。

引用元:エン・ジャパン株式会社 プレスリリース詳細へ 【PDF】はこちら

2017/6/26データ提供 エン・ジャパン株式会社

この記事にコメント

ログインしてすべてのコメントを見る
無料会員登録する

よく読まれている記事

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(後編)

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(後編)

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(前編)

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(前編)

DeNAのRPA活用—運用は100%社内リソース

DeNAのRPA活用—運用は100%社内リソース

アンドロイドと共に生きる未来 — “マツコロイドの父”・石黒浩氏に聞く

アンドロイドと共に生きる未来 — “マツコロイドの父”・石黒浩氏に聞く

人工知能時代に人間が生み出せる価値とは ホロス未来会議2050発起人・服部桂氏に聞く

人工知能時代に人間が生み出せる価値とは ホロス未来会議2050発起人・服部桂氏に聞く

「RPAは収益を生み出すエンジン」 住友林業情報システムのRPA活用方法とは

「RPAは収益を生み出すエンジン」 住友林業情報システムのRPA活用方法とは

ロボットとの協働を前提とした組織形成が重要 元人工知能学会会長・松原仁氏に聞く

ロボットとの協働を前提とした組織形成が重要 元人工知能学会会長・松原仁氏に聞く

「人口7,000万人の日本」が見出すAIとの協働モデル   元Google本社副社長・村上憲郎氏に聞く 【後編】

「人口7,000万人の日本」が見出すAIとの協働モデル   元Google本社副社長・村上憲郎氏に聞く 【後編】