ログイン

無料登録

CTC、米UiPath社のRPAツールを取り扱い開始

CTC(伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)は、RPA分野で世界のリーディングベンダーである米UiPathのオフィス業務の自動化ソリューション「UiPath」の取り扱いを、2017年10月10日より開始した。

近年、各企業は「生産性の向上」に向けて業務の効率化に取り組んでおり、インターネット上の情報の収集や比較、大量データの登録など手間のかかる作業を自動化するRPAに注目が集まっている。しかし、RPAツールの導入効果を得るには、対象業務やツールの選定を含めてシステムについての専門的なノウハウが必要である。

UiPathは、適用できるシステムに制限が無く、操作しやすいインターフェースを備えたRPAソフトウェアである。AIによる画像解析の機能が搭載されており、API(Application Programming Interface)連携で業務内容に応じた機能の拡張も容易なため幅広い業務に適用できる。世界で660社以上の導入実績があり、国内でもメガバンクをはじめとする大手金融機関、大手製造業や広告代理店、運輸業、さらに電力会社等のお客様に使用されている。

CTCは2014年から、BPOサービスブランド「BusinessEvolution」(※1)の下、RPAクラウドサービス「eAssist」を提供しており、Web上の情報の集計とレポーティングや営業の収益管理表の作成など、通常10日程かかる作業を半日に短縮した実績がある。eAssistや基幹システムの構築・運用サービスで培ったノウハウをベースに、UiPathの対象業務の選定・導入効果試算を行うコンサルティングから、システム構築・運用、既存システムとの連携をトータルにサポートする。企業や公益法人のバックオフィス部門やマーケティング部門向けに提供し、3年間で20億円の売上を目指す。

注釈
(※1)「BusinessEvolution」シリーズとは、お客様の業務や既存の基幹システムに合わせて作業工数や時間のかかるオフィス業務をクラウドで代行するBPOサービスブランド。ソフトウェア・ロボットで定型業務を代行する「eAssist」、印刷物やPDFからのデータ化を代行する「eFlow」、経費精算・管理業務の高度化・効率化を実現する「eExpense」、One to Oneマーケティングを実現する対話式動画を提供する「eMotion」等がある。詳しくはこちら

引用元:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 プレスリリース詳細へ 【PDF】はこちら

■UiPath株式会社について
UiPath社はお客様の業務プロセスを効率的に自動化するための一体化されたソフトウェアプラットフォームを提供する世界有数のRPAベンダーである。2005年にルーマニアで設立、米国を本社とし、また日本、英国、ルーマニア、フランス、ドイツ、インド、シンガポール、香港、オーストラリアに拠点を有している。最先端のコンピューター・ビジョン技術を駆使してインテリジェンス・ソフトウェア・ロボットを開発し、世界中の企業に対して業務の自動化を支援している。2017年2月に、日本法人を設立し、既にメガバンクをはじめとする大手金融機関、大手製造業や広告代理店、運輸業、さらに電力会社等のお客様にUiPathを提供している。詳しくはこちら

【本件に関する問い合わせ先】
・伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 広報部
 TEL:03-6203-4100 FAX:03-5512-3013 Mail:press@ctc-g.co.jp

2017/10/10データ提供 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

この記事にコメント

ログインしてすべてのコメントを見る
無料会員登録する

よく読まれている記事

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(後編)

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(後編)

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(前編)

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(前編)

DeNAのRPA活用—運用は100%社内リソース

DeNAのRPA活用—運用は100%社内リソース

アンドロイドと共に生きる未来 — “マツコロイドの父”・石黒浩氏に聞く

アンドロイドと共に生きる未来 — “マツコロイドの父”・石黒浩氏に聞く

人工知能時代に人間が生み出せる価値とは ホロス未来会議2050発起人・服部桂氏に聞く

人工知能時代に人間が生み出せる価値とは ホロス未来会議2050発起人・服部桂氏に聞く

「RPAは収益を生み出すエンジン」 住友林業情報システムのRPA活用方法とは

「RPAは収益を生み出すエンジン」 住友林業情報システムのRPA活用方法とは

ロボットとの協働を前提とした組織形成が重要 元人工知能学会会長・松原仁氏に聞く

ロボットとの協働を前提とした組織形成が重要 元人工知能学会会長・松原仁氏に聞く

「人口7,000万人の日本」が見出すAIとの協働モデル   元Google本社副社長・村上憲郎氏に聞く 【後編】

「人口7,000万人の日本」が見出すAIとの協働モデル   元Google本社副社長・村上憲郎氏に聞く 【後編】