ログイン

無料登録

パソナ「AI搭載OCR×RPA導入支援サービス」を開始

株式会社パソナは、パクテラ・コンサルティング・ジャパン株式会社と協業し、保険会社を対象に、手書きによる申込書などの書類の処理業務を、AI(人工知能)搭載OCR(※1)と、RPA(※2)を組み合わせて自動化することで企業の業務効率化を支援する『AI搭載OCR×RPA導入支援サービス』を2017年10月5日(木)から開始した。少子高齢化の進展によって今後更なる競争激化が予測される日本の保険業界では、保険商品や募集チャネルの多様化・複雑化、コンプライアンスに対する取り組みの強化などを背景に、業務の簡素化・効率化・自動化に対するニーズが高まっている。

これまでも保険業界では、手書きによる申込み書類や請求書、保険金・給付金請求に必要な診断書などの帳票書類の自動データ化や、システムとの連携による業務の自動化が進められてきた。しかし、OCRによる文字認識やRPAソリューションを導入する企業は増えているものの、従来のOCRでは手書き文字の認識性能が低く、また、保険業界の業務性質を十分に把握しない状態でのRPAの導入は、期待通りの業務改善に至らないケースが多いのが現状である。

そこで、『AI搭載OCR×RPA導入支援サービス』では、パソナが持つBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)やRPA運用人材の育成・派遣のノウハウ、パクテラが持つ保険業界のインサイトおよび保険業務に専門特化したコンサルティング手法を組み合わせ、AIを搭載した高精度のOCRとRPAソリューションを保険業界に最適化してモジュール化・パッケージ化して提供する。保険業務の部分的な改善に留まらず、フロントオフィスからバックオフィスに至るまで、全体最適な業務効率化を支援する。

パソナとパクテラは本協業を通して、AI搭載OCRとRPAによる新しいソリューションを提供し、企業のさらなる業務改善と生産性向上の推進支援を拡充していくと共に、貴重な人材を煩雑な事務作業から、より付加価値の高いコア業務に集中させることで、現場業務の価値向上および働き方改革に貢献していく。

注釈
(※1)OCR(Optical Character Recognition/Reader、光学的文字認識)。手書きや印刷された文字を、イメージスキャナやデジタルカメラによって読みとり、コンピュータが利用できるデジタルの文字コードに変換する技術。
(※2)RPA(Robotic Process Automation)。「仮想知的労働者(Digital Labor)」とも言われる、ロボットによる業務自動化の取り組み。

引用元:PRTIMES プレスリリース詳細へ

■株式会社パソナについて
創業以来「社会の問題点を解決する」という明確な企業理念を掲げ、”年齢、性別、国籍、障害の有無に関わらず、誰もが自由に好きな仕事を選択でき、それぞれのライフスタイルに合わせた働き方ができる社会”の実現を目指して事業を展開している。

■パクテラ・コンサルティング・ジャパン株式会社について
グローバルに多数の拠点を持ち、クライアントにデジタルコンサルティング及びテクノロジーサービスを提供するPacteraグループの一員。保険業界に多くの顧客を持ち、ビジネスコンサルティング、ITコンサルティング、新規事業開発の3事業を軸とし、FintechアドバイザリーやAI研究&開発事業も行っている。

2017/10/5データ提供 PRTIMES

この記事にコメント

ログインしてすべてのコメントを見る
無料会員登録する

よく読まれている記事

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(後編)

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(後編)

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(前編)

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(前編)

DeNAのRPA活用—運用は100%社内リソース

DeNAのRPA活用—運用は100%社内リソース

アンドロイドと共に生きる未来 — “マツコロイドの父”・石黒浩氏に聞く

アンドロイドと共に生きる未来 — “マツコロイドの父”・石黒浩氏に聞く

人工知能時代に人間が生み出せる価値とは ホロス未来会議2050発起人・服部桂氏に聞く

人工知能時代に人間が生み出せる価値とは ホロス未来会議2050発起人・服部桂氏に聞く

「RPAは収益を生み出すエンジン」 住友林業情報システムのRPA活用方法とは

「RPAは収益を生み出すエンジン」 住友林業情報システムのRPA活用方法とは

ロボットとの協働を前提とした組織形成が重要 元人工知能学会会長・松原仁氏に聞く

ロボットとの協働を前提とした組織形成が重要 元人工知能学会会長・松原仁氏に聞く

「人口7,000万人の日本」が見出すAIとの協働モデル   元Google本社副社長・村上憲郎氏に聞く 【後編】

「人口7,000万人の日本」が見出すAIとの協働モデル   元Google本社副社長・村上憲郎氏に聞く 【後編】