ログイン

無料登録

「システムソフト」×「UiPath」販売代理店契約を締結

株式会社システムソフトは、UiPath株式会社と日本国内におけるUiPath RPAプラットフォーム販売代理店契約を締結し、RPAプラットフォーム「UiPath」の日本国内販売を2017年10月より開始した。

近年、日本企業においては、労働人口の減少、重労働への規制、政府が推進する「働き方改革」を受けて、生産性向上への関心が高まっている。このような状況下において、ホワイトカラー業務のより一層の効率化や自動化、高度化が急務となっており、AIやRPAといった最新テクノロジーの活用に大きな期待が寄せられている。

システムソフトは、新規事業としてRPAロボットの開発に力を入れており、自社内へのRPA 導入による業務効率化をはじめ、各企業様へのRPA導入支援、特定業界で汎用的に活用できるロボットの開発等を積極的に展開している。また、大手コンサルティングファームの推進する業務改革や生産性向上を目的とした企業様向けコンサルティングプロジェクトにおいて、協働してRPAロボット開発支援を提供している。

また、昨年設立された一般社団法人日本RPA協会にも加入しており、今後の国内におけるRPAの普及に努め、今回のUiPath 社との契約締結により両社の連携をさらに強化することで、RPAの社会への浸透と当社のビジネスの加速に取り組んでいく。

引用元:株式会社システムソフト プレスリリース詳細へ

■UiPath株式会社について
会社名  :UiPath株式会社
所在地  :東京都千代田区大手町1丁目6 番1号
代表者  :代表取締役CEO 長谷川 康一
設立   :2017年2月(日本法人設立)
資本金  : 3,000万円
URL   :https://www.uipath.com/ja/
事業内容 :業務プロセスを効率的に自動化するためのソフトウェアプラットフォームの提供

■日本RPA協会について
日本RPA協会は、国内外の関連団体との情報交換や協力のための活動を通じて、健全な業界の発展と、RPAエコシステムの活性化により、仮想知的労働者(デジタル・レイバー)と人間が共存する世界を目指し、世界のRPA市場における日本のプレゼンス向上に貢献することを目的とする団体。
名称   :一般社団法人日本RPA協会
設立日  :2016年7月
所在地  :東京都港区赤坂1丁目12番32 号
代表理事 :RPAテクノロジーズ株式会社 代表取締役社長 大角 暢之

【本件に関する問い合わせ先】
・株式会社システムソフト RPAソリューション部
 TEL:03-6261-4538 FAX:03-6261-4612 Mail:rpa-info@systemsoft.co.jp

2017/10/2データ提供 株式会社システムソフト

この記事にコメント

ログインしてすべてのコメントを見る
無料会員登録する

よく読まれている記事

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(後編)

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(後編)

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(前編)

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(前編)

DeNAのRPA活用—運用は100%社内リソース

DeNAのRPA活用—運用は100%社内リソース

アンドロイドと共に生きる未来 — “マツコロイドの父”・石黒浩氏に聞く

アンドロイドと共に生きる未来 — “マツコロイドの父”・石黒浩氏に聞く

人工知能時代に人間が生み出せる価値とは ホロス未来会議2050発起人・服部桂氏に聞く

人工知能時代に人間が生み出せる価値とは ホロス未来会議2050発起人・服部桂氏に聞く

「RPAは収益を生み出すエンジン」 住友林業情報システムのRPA活用方法とは

「RPAは収益を生み出すエンジン」 住友林業情報システムのRPA活用方法とは

ロボットとの協働を前提とした組織形成が重要 元人工知能学会会長・松原仁氏に聞く

ロボットとの協働を前提とした組織形成が重要 元人工知能学会会長・松原仁氏に聞く

「人口7,000万人の日本」が見出すAIとの協働モデル   元Google本社副社長・村上憲郎氏に聞く 【後編】

「人口7,000万人の日本」が見出すAIとの協働モデル   元Google本社副社長・村上憲郎氏に聞く 【後編】