ログイン

無料登録

アデコ、RPAの導入によりバックオフィス業務を効率化

世界最大の人財サービス企業であるアデコグループの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社は、自社におけるバックオフィス業務にRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を導入したことを発表した。

アデコには現在34,600名の派遣登録就業者が在籍しているほか、人財紹介においても多くの求職者が登録し、顧客企業に対してサービスを提供している。このため、膨大な量の事務作業が日常的に発生しており、質と量の両面でサービスを向上するためにバックオフィス業務の効率化が課題となっていた。RPAを導入することによって、これまで人の手によって行っていたデータ入力などの事務作業や、ルールやワークフローなどの手順が定まっている定型業務をボットにより自動化することができるだけでなく、生産性の向上を図ることが可能になり、さらに文字や数字の入力ミスといったオペレーション上のミスが大幅に軽減されるため、業務品質の向上にもつながる。

今後は全国の支社にもRPAを導入し、営業関連の業務についてもさらなる効率化を進めることで収益性の向上を図るとしている。

引用元:アデコ株式会社 プレスリリース詳細へ

【本件に関する問い合わせ先】
・アデコ株式会社 Communication & Branding
 TEL:03-6743-8085

2017/8/24データ提供 アデコ株式会社

 

 

 

この記事にコメント

ログインしてすべてのコメントを見る
無料会員登録する

よく読まれている記事

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(前編)

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(前編)

DeNAのRPA活用—運用は100%社内リソース

DeNAのRPA活用—運用は100%社内リソース

アンドロイドと共に生きる未来 — “マツコロイドの父”・石黒浩氏に聞く

アンドロイドと共に生きる未来 — “マツコロイドの父”・石黒浩氏に聞く

人工知能時代に人間が生み出せる価値とは ホロス未来会議2050発起人・服部桂氏に聞く

人工知能時代に人間が生み出せる価値とは ホロス未来会議2050発起人・服部桂氏に聞く

「RPAは収益を生み出すエンジン」 住友林業情報システムのRPA活用方法とは

「RPAは収益を生み出すエンジン」 住友林業情報システムのRPA活用方法とは

ロボットとの協働を前提とした組織形成が重要 元人工知能学会会長・松原仁氏に聞く

ロボットとの協働を前提とした組織形成が重要 元人工知能学会会長・松原仁氏に聞く

「人口7,000万人の日本」が見出すAIとの協働モデル   元Google本社副社長・村上憲郎氏に聞く 【後編】

「人口7,000万人の日本」が見出すAIとの協働モデル   元Google本社副社長・村上憲郎氏に聞く 【後編】

“働く義務”から“働く権利”へ 元Google本社副社長・村上憲郎氏に聞く 【前編】

“働く義務”から“働く権利”へ 元Google本社副社長・村上憲郎氏に聞く 【前編】