ログイン

無料登録

“少子高齢化の救世主” RPAが作り出す未来の社会とは?

労働人口減少、働き方改革、国際競争力の強化など、独自の問題を抱える日本。女性、高齢者、障がい者、外国人労働者などの活用で、労働力不足を補う施策を進めているが、それだけでは足りない労働力を補完するものとして、RPAが注目されている。

-不足する労働力の補完役として期待されるRPA

RPA=Robotic Process Automation。人間にしかできないという高度な業務、あるいはシステム開発の費用対効果で人間がやるしかないと考えられていた煩雑な作業を、ルールエンジンやAI、機械学習等の認知技術を駆使して業務を自動化、代行する仕組みのことである。

-RPAが実際に稼働する現場とは

RPAが得意とするのは、ある程度の作業手順が決まっている「定型作業」。柔軟性と適応力が高く、状況に応じカスタマイズが可能である。実際には、BPOロボットとしてバックオフィスタスクやカスタマーサポート、情報収集調査ロボットとして市場調査、EC業務代行ロボットとして商品登録や受注、その他マーケティング、情報システムなどでも活用されている。

-日本独自に進むRPAの未来とは

欧米で既に広がりを見せているRPA。今後、世界経済に大きなインパクトを与えることが予想されるRPA技術の最前線と、日本でも既に導入され始めている。そんなRPAの活用事例を紹介しているのがRPAテクノロジーズ株式会社の代表・大角 暢之氏が執筆した「RPA革命の衝撃」。今後、RPAがどのように進化し、活用の場を広げ、企業経営や組織運営にどう影響していくのか。また日本独自に進むRPAの未来を予測した一冊となっている。

過去記事: 【書籍】RPA革命の衝撃

RPAによって人間の仕事を奪われるのではという危機感を抱く人もいるが、同書では、RPAに人間が敬遠する単純で面倒な業務を代行させることで、人間はより創造的な仕事を担えるようになる。破たんの危機にある地方自治体、人手不足が深刻な介護業界など、これからRPAが活躍するフィールドは広がっていくと大角氏はいう。

引用元: 経営プロ (導入企業例) プレスリリース詳細へ

2017/9/4 データ提供

 

 

 

この記事にコメント

ログインしてすべてのコメントを見る
無料会員登録する

よく読まれている記事

人工知能時代に人間が生み出せる価値とは ホロス未来会議2050発起人・服部桂氏に聞く

人工知能時代に人間が生み出せる価値とは ホロス未来会議2050発起人・服部桂氏に聞く

「RPAは収益を生み出すエンジン」 住友林業情報システムのRPA活用方法とは

「RPAは収益を生み出すエンジン」 住友林業情報システムのRPA活用方法とは

ロボットとの協働を前提とした組織形成が重要 元人工知能学会会長・松原仁氏に聞く

ロボットとの協働を前提とした組織形成が重要 元人工知能学会会長・松原仁氏に聞く

「人口7,000万人の日本」が見出すAIとの協働モデル   元Google本社副社長・村上憲郎氏に聞く 【後編】

「人口7,000万人の日本」が見出すAIとの協働モデル   元Google本社副社長・村上憲郎氏に聞く 【後編】

“働く義務”から“働く権利”へ 元Google本社副社長・村上憲郎氏に聞く 【前編】

“働く義務”から“働く権利”へ 元Google本社副社長・村上憲郎氏に聞く 【前編】

RPA推進に今必要なのは「プロセスアナリスト 」

RPA推進に今必要なのは「プロセスアナリスト 」

銀行窓販の事務を支える「ロボ美ちゃん」―日本生命のRPA

銀行窓販の事務を支える「ロボ美ちゃん」―日本生命のRPA

ソフトバンクが目指すAI×RPAを活用した未来の働き方

ソフトバンクが目指すAI×RPAを活用した未来の働き方