ログイン

無料登録

第一生命 RPAを全社業務へ導入開始

第一生命保険株式会社は、生産性向上と働き方改革の推進に向けて、RPAを全業務への導入を開始したことを発表した。2016年10月より、デロイトトーマツコンサルティング合同会社、アクセンチュア株式会社と共同で実証試験、システムへの適用や導入できる業務の分析を実施。個人保険事務の約20種類の業務で順次トライアル稼動を進めてきた。 201710月より、保険関係事務に加えて、マーケティング、総務・会計、資産運用に関わる事務など、全社のあらゆる業務にRPA活用を広げていくとしている。

【RPAを活用する業務(例)】
・支払査定関連業務
・企業評価/モニタリングに関する資料作成業務
・業績等、内部管理資料作成業務

 【導入するRPA製品】
Automation Anywhere(アメリカ)
Blue Prism(イギリス)

今後は認知技術、機械学習などを含むAIや、複雑であっても最適な判断を行うルールエンジンを活用して、より高度な業務を代替することも検討していくとしている。

引用元:第一生命保険株式会社 プレスリリース詳細へ【PDF】

■アクセンチュアについて
元はアメリカ企業だったが、20099月にアイルランドのダブリンに登記上の本社を移した総合コンサルティング会社。「ストラテジー」「コンサルティング」「デジタル」「テクノロジー」「オペレーションズ」の5つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供している。世界中のお客さまのパートナーとして、イノベーション創出と豊かな生活、仕事の実現に取り組んでいる。HfSリサーチ社が201612月に発表した『2016 RPA Premier League Table』において、「Transformation Enablers(変革の実現)」部門のナンバーワン企業に選出された。アクセンチュアについてはこちら

アクセンチュア株式会社についてはこちら。「RPAで成功するために」はこちら

■第一生命保険株式会社について
1902年915日に創立した日本の生命保険会社。持株会社である第一生命ホールディングスの子会社であり、現在は、持株会社体制移行のために20164月に設立された2代目。東京都千代田区の本店、東京都江東区を主要拠点に支社84、営業オフィス等1,263(20173月末現在)と全国に展開している。東京ディズニーランド・東京ディズニーシーのオフィシャルスポンサーである。第一生命についてはこちら

2017/9/7 データ提供 第一生命保険株式会社

 

 

この記事にコメント

ログインしてすべてのコメントを見る
無料会員登録する

よく読まれている記事

人工知能時代に人間が生み出せる価値とは ホロス未来会議2050発起人・服部桂氏に聞く

人工知能時代に人間が生み出せる価値とは ホロス未来会議2050発起人・服部桂氏に聞く

「RPAは収益を生み出すエンジン」 住友林業情報システムのRPA活用方法とは

「RPAは収益を生み出すエンジン」 住友林業情報システムのRPA活用方法とは

ロボットとの協働を前提とした組織形成が重要 元人工知能学会会長・松原仁氏に聞く

ロボットとの協働を前提とした組織形成が重要 元人工知能学会会長・松原仁氏に聞く

「人口7,000万人の日本」が見出すAIとの協働モデル   元Google本社副社長・村上憲郎氏に聞く 【後編】

「人口7,000万人の日本」が見出すAIとの協働モデル   元Google本社副社長・村上憲郎氏に聞く 【後編】

“働く義務”から“働く権利”へ 元Google本社副社長・村上憲郎氏に聞く 【前編】

“働く義務”から“働く権利”へ 元Google本社副社長・村上憲郎氏に聞く 【前編】

RPA推進に今必要なのは「プロセスアナリスト 」

RPA推進に今必要なのは「プロセスアナリスト 」

銀行窓販の事務を支える「ロボ美ちゃん」―日本生命のRPA

銀行窓販の事務を支える「ロボ美ちゃん」―日本生命のRPA

ソフトバンクが目指すAI×RPAを活用した未来の働き方

ソフトバンクが目指すAI×RPAを活用した未来の働き方