ログイン

無料登録

ジェンパクト、RPA分野のアライアンス・エコシステム拡大により、高度なプロセスオートメーション機能を強化

ジェンパクトは、お客様がロードマップに基づきデジタルトランスフォーメーションを確実かつ柔軟に推進できるように、RPA分野の主要なオートメーション・ソフトウェア・プロバイダーとのアライアンス・エコシステムを拡大したと発表。

先日発表された「Genpact Cora」はこの戦略の一環として、大規模かつ実質的な変革を加速化するために開発された、人工知能(AI)ベースのモジュラー型プラットフォームとなる。

-Genpact Coraとは デジタル変換の高速化-
Genpact Coraは、デジタル変換のためのAIベースのプラットフォーム。 これは、ロボットの自動化から機械学習に至る柔軟なデジタル技術のモジュール化された、相互接続されたメッシュである。 Genpact Coraは時間の経過とともに学習し、結果を得る新しい方法を見つけ、 また、オペレーションの洞察と独自のドメイン専門知識とシームレスに融合し、現実世界の業界初のAIを構築する。

成熟度の高いアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)と、ジェンパクトの知的財産を含むオープンアーキテクチャおよびベストインクラスのプロバイダーを活用することで、以下の3つの主要分野の最先端技術を統合。

・デジタルコア: クラウド、SaaSSoftware as a Service)、ブロックチェーン、モビリティおよびア
 ンビエントコンピューティング、RPA、ダイナミックワークフロー
・データアナリティクス: アドバンスド・ビジュアライゼーション、データエンジニアリング、ビッグ
 データ、IoT
・人工知能(AI): 対話型AI、計算言語学、コンピュータビジョン、機械学習、データサイエンスAI

Genpact Coraプラットフォームは、すでに提供されているジェンパクト製品やコンサルティングサービスの基盤として作用する。詳細についてはこちら

引用元:Digital PR Platform プレスリリース詳細へ

■ジェンパクトについて
ジェンパクト(NYSE:G)は、米国ニューヨークおよびパロアルト、英国ロンドン、インドのデリに主要なオフィスを構え、企業の業務プロセスの変革、最適化、実行を担い幅広いテクノロジーサービスを提供している。独自の「Lean DigitalSM」アプローチにより、リーン改善の原則、デザイン思考、アナリティクス、デジタルテクノロジーに、専門領域の深い知識を融合し、グローバル・プロフェッショナル・サービス企業として、競争優位性を創出するデジタルとデータの活用を促し、お客様のデジタルトランスフォーメーションを支援している。詳細はこちら

【本件に関する問い合わせ先】
・Genpact Japan 株式会社 ジェンパクトジャパン株式会社 広報:羽柴
 〒100-0014 東京都千代田区永田町2-13-10プルデンシャルタワー
 TEL:03-3539-3928 FAX:03-3504-2501 Mail:satoko.hashiba@genpact.com

2017年91日 データ提供 Degital PR Platform

 

 

 

 

この記事にコメント

ログインしてすべてのコメントを見る
無料会員登録する

よく読まれている記事

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(後編)

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(後編)

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(前編)

オリックス、RPAで処理件数8倍、処理単価6分の1、動き出すグループ展開(前編)

DeNAのRPA活用—運用は100%社内リソース

DeNAのRPA活用—運用は100%社内リソース

アンドロイドと共に生きる未来 — “マツコロイドの父”・石黒浩氏に聞く

アンドロイドと共に生きる未来 — “マツコロイドの父”・石黒浩氏に聞く

人工知能時代に人間が生み出せる価値とは ホロス未来会議2050発起人・服部桂氏に聞く

人工知能時代に人間が生み出せる価値とは ホロス未来会議2050発起人・服部桂氏に聞く

「RPAは収益を生み出すエンジン」 住友林業情報システムのRPA活用方法とは

「RPAは収益を生み出すエンジン」 住友林業情報システムのRPA活用方法とは

ロボットとの協働を前提とした組織形成が重要 元人工知能学会会長・松原仁氏に聞く

ロボットとの協働を前提とした組織形成が重要 元人工知能学会会長・松原仁氏に聞く

「人口7,000万人の日本」が見出すAIとの協働モデル   元Google本社副社長・村上憲郎氏に聞く 【後編】

「人口7,000万人の日本」が見出すAIとの協働モデル   元Google本社副社長・村上憲郎氏に聞く 【後編】