ログイン

無料登録

今までの常識が変わる!!今知っておきたい「ビーコン(BEACON)」とは

(文責:笠井)

【店舗に入るだけで、クーポンがもらえる?】

特に何を買おうと思ったわけでもなく、何気なく店舗に入ると、自分のスマホに何かの通知が来ている。その店舗のクーポンが届いている。

そんな世界を実現するのが、「ビーコン(BEACON)」である。ビーコンの原義はそもそも、狼煙やかがり火といった、位置と情報を組み合わせた伝達手段である。今回注目するビーコンは、スマートフォンの位置情報をBLE(Bluetooth Low Energy)を用いて特定し、情報を発信する仕組みである。BLEとは、Bluetoothの拡張仕様の1つであり、低電力で切る強みを持つ。

そんなビーコンを用いた動きが、国内外を問わず活発になって来ている。
そこで今回は、ビーコンがどのように活用されているのか、どのような未来を実現するのかをお伝えできればと思う。

 

【大手アパレル企業×ビーコン】

2014年6月24日、国内大手アパレルメーカー、株式会社ナノ・ユニバースの新しいストアアプリケーションに、株式会社ACCESSの、ビーコンを用いた位置連動型コンテンツ配信ソリューションを採用することを決定した。
http://jp.access-company.com/news_event/archives/2014/20140624/

関連記事

「Autoブラウザ名人」導入で年間3400万円のコスト削減へ

「Autoブラウザ名人」導入で年間3400万円のコスト削減へ

FPTと大和総研 RPAなどの研究開発の相互協力を開始

FPTと大和総研 RPAなどの研究開発の相互協力を開始

山形銀行 生産性向上等を目的にRPAを試行導入

山形銀行 生産性向上等を目的にRPAを試行導入

2018年注目のキーワード「RPA×BPMとRPA×ERP」

2018年注目のキーワード「RPA×BPMとRPA×ERP」

RPA BANK、米国RPA・AI協会と提携

RPA BANK、米国RPA・AI協会と提携

横浜銀行が900業務を棚卸 住宅ローン業務などRPAを適用

横浜銀行が900業務を棚卸 住宅ローン業務などRPAを適用

エネコム、クラウドサービスで中小企業のRPA導入を支援

エネコム、クラウドサービスで中小企業のRPA導入を支援

RPAテクノロジーズとクラウドワークスが業務提携に合意

RPAテクノロジーズとクラウドワークスが業務提携に合意