ログイン

無料登録

IoT時代を支える、フォグコンピューティングとは

                                                                                        (Writer:笠井)

【IoTはIoEになる】

IoT(Internet of Things)については、ご存じだろうが、「IoE」という言葉はご存じだろうか。
IoEとは「Internet of Everything」の略語であり、「すべてのモノがインターネットに繋がる」状態を指す。

現在、スマートフォンやウェアラブルデバイスを普及によって、急激にインターネットに接続する「モノ」に触れる機会が増えてきた。
2010年には125億ものデバイスがすでにインターネットに接続し、来る2020年には500億台のデバイスがインターネットに接続されるとも言われており、その勢いは止まらない。

IoEの時代は、着実にそこに来ているのである。

 

【IoE時代を支えるフォグコンピューティング】

すべてのモノがインターネットに接続される―。
そこには今とは全く違う生活が予想され、楽しみな時代になることは間違いないが、そこには課題がある。

現在、クラウドとエンドポイント(クライアント)を繋ぐ、クラウドコンピューティングが広く利用されているが、IoE時代に突入した場合、あらゆるデバイスから発せられるデータが、クラウドコンピュータに集中してしまい、トラフィック爆発が起きる可能性があるのだ。

関連記事

「Autoブラウザ名人」導入で年間3400万円のコスト削減へ

「Autoブラウザ名人」導入で年間3400万円のコスト削減へ

FPTと大和総研 RPAなどの研究開発の相互協力を開始

FPTと大和総研 RPAなどの研究開発の相互協力を開始

山形銀行 生産性向上等を目的にRPAを試行導入

山形銀行 生産性向上等を目的にRPAを試行導入

2018年注目のキーワード「RPA×BPMとRPA×ERP」

2018年注目のキーワード「RPA×BPMとRPA×ERP」

RPA BANK、米国RPA・AI協会と提携

RPA BANK、米国RPA・AI協会と提携

横浜銀行が900業務を棚卸 住宅ローン業務などRPAを適用

横浜銀行が900業務を棚卸 住宅ローン業務などRPAを適用

エネコム、クラウドサービスで中小企業のRPA導入を支援

エネコム、クラウドサービスで中小企業のRPA導入を支援

RPAテクノロジーズとクラウドワークスが業務提携に合意

RPAテクノロジーズとクラウドワークスが業務提携に合意