ログイン

無料登録

第1条 【目的】

RPAバンク利用規約(以下、「本規約」といいます。)は、株式会社セグメント(以下「当社」といいます。)の会員および会費に関し、必要事項を定めることを目的とします。また、当社が提供する本サービスの利用に関する条件を当社と会員との間で定めるものです。

第2条 【定義】

本規約において使用する用語の定義は次の通りとします。
「会員」:本規約に従い会員登録手続を経て、当社が会員登録を認めた者をいいます。
「有料会員」とは、本規定に従い会費を納める会員をいいます。
「法人会員」 とは、有料会員のうち、法人をいいます。
「個人会員」とは、有料会員のうち、個人をいいます。
「本サービス」とは、次の各号に定める当社が提供するサービスをいいます(一部サービスは有料会員のみ利用可能となります)。
(1) クリニックへのご参加
(2) RPA運用相談
(3) RPA BANKサイト上での動画・記事の閲覧など
(4) 各種交流会
(5) 各種情報提供
(6) その他各種事業
「アカウント」とは、会員に与えられた本サービスを利用する権利をいいます。

第3条 【会員登録手続】

1. 本サービスの利用を希望する方は、本規約を承諾の上、当社が指定する方法により、会員登録の申し込みを行うものとします。
2. 会員は、本サービスを利用するにあたり、本規約の内容に同意し遵守するものとします。
3. 本サービスの利用を希望する者は、当社ウェブサイトより「入会申込フォーム」に所要事項を記入のうえ、提出することにより、申込むことができます。
4. 前項の申込があったときは、当社所定の審査の上で会員登録を承認した者に、会員登録の承認を通知するものとします。
5. 会員登録は、当社からの電子メールによる登録完了通知を、申込者が受信した時点で完了します。
6. 会員登録の完了後であっても、会員登録情報に事実に反する事項が含まれていることが判明した場合、当社は、直ちに当該会員の資格を取消すことができるものとします。

第4条 【会員登録審査】

次の各号に定める事由に該当する場合、当社は、会員登録の申し込みに対し、会員登録を承認しないことがあります。
(1) 当社の目的に賛同していないとき。
(2) 入会申込書の記載事項に、虚偽記載があるとき。
(3) 入会希望者の事業または商品が法令に違反するとき、または著しく社会規範に反するとき、また、その恐れがあると判断したとき。
(4) 当規約に違反するおそれが認められるとき。
(5) 過去に会員を除名された者による申し込みと認められるとき。
(6) その他、当社が会員として不適当と認めたとき。

第5条 【登録情報の追加・変更】

1. 会員は登録情報に変更がある場合には直ちに本サービスの提供者の指示に従って登録情報の変更の手続をとるものとします。登録基本情報に変更がある場合も同様とします。
2. 会員が前項の変更事項を連絡しなかったことにより不利益を被った場合、当社はその責任を負わないものとします。
3. 会員は、自己の登録情報の開示、修正、削除を請求する権利を有します。

第6条 【有料会員の申し込み】

1. 有料会員となることを希望する会員は、当社が指定する方法により会員登録の申込みを行うものとします。
2. 会員は、当社所定の会費を支払い、当社が支払を確認した時点で、有料会員登録が完了し、有料会員となるものとします。

第7条 【会費の納入】

1. 会費は年会費制とし、原則として、前納一括払いとします。
2. 会費のお支払はクレジットカード決済となります。請求書払いをご希望の場合は、お問い合わせフォームよりご相談ください。お支払いに関してはこちら

第8条 【有料会員期間、自動更新、有料会員の退会】

1. 有料会員期間は、有料会員登録完了日から、当該登録完了日の属する月の翌月1日から1年間とします。
2. 有料会員期間満了前30日前までに別途定める有料会員の退会手続を完了しない限り、有料会員期間は1年毎に自動的に更新されるものとし、自動的にクレジットカードへの請求が行われるものとします。
3. 有料会員の退会手続は、こちら

第9条 【サービスの提供】

1. 会員は、本サービスを利用するにあたり、必要な電子機器、通信手段および電力などを、自己の費用と責任で用意しなければなりません。
2. 当社は、会員が提供した年齢、ご本人確認の有無、登録情報の有無、その他、当社が必要と判断する条件を満たしていない会員に対しては、本サービスの全部又は一部の提供を行わないことがあります。なお、その場合でも、有料会員の会費の減額等には応じておりません。
3. 当社は、当社が必要と判断する場合、あらかじめお客様に通知することなく、いつでも、本サービスの全部または一部の内容を変更し、また、その提供を中止することができるものとします 。
4. 会員は、提供者が配信するメルマガサービスに当社又は第三者の販売・提供する商品・サービスの広告等が含まれることがあることを予め承諾するものとします。
5. メールマガジンの提供に際し、複数回にわたり電子メールが送達できない場合には、当社は、当該会員への配信を予告無く停止し、会員の資格を取消すことができるものとします。

第10条 【登録情報およびアカウント】

1. 会員は、本サービスの利用に際してお客様ご自身に関する情報を登録する場合、真実、正確かつ完全な情報を提供しなければならず、常に最新の情報となるよう修正しなければなりません。
2. お客様は、本サービスの利用に際してパスワードを登録する場合、これを不正に利用されないようご自身の責任で厳重に管理しなければなりません。当社は、登録されたパスワードを利用して行なわれた一切の行為を、お客様ご本人の行為とみなすことができます。
3. 本サービスに登録したお客様は、いつでもアカウントを削除して退会することができます。 なお、途中退会した場合でも、支払い済みの会費については一切返金を行いません。
4. 当社は、会員が本規約に違反しまたは違反するおそれがあると認めた場合、あらかじめ会員に通知することなく、アカウントを停止または削除することができます。
5. 当社は、最終のアクセスから1年間以上経過しているアカウントを、あらかじめ当該アカウントを割り当てられた会員に通知することなく削除することができます。
6. 会員の本サービスにおけるすべての利用権は、理由の如何を問わず、アカウントが削除された時点で消滅します。お客様が誤ってアカウントを削除した場合は、こちらまでお問い合わせください。利用券が途中で消滅したとしても、支払い済みの会費については一切返金を行いません。
7. 本サービスのアカウントは、会員に一身専属的に帰属します。会員の本サービスにおけるすべての利用権は、同一法人内の別の役職員を含む第三者に譲渡、貸与または相続させることはできません。
8. なお、法人会員については、経営者および従業員も同様のサービスを受けることができます。

第11条 【パスワード等個人情報の管理】

1. 会員は、会員登録をするにあたって設定したパスワードの管理には、十分注意するものとし、パスワードを盗用されることによって登録情報が第三者に漏洩した場合でも当社は一切責任を負わないものとします。
2. 登録したパスワードを忘れた場合には当社の定める手続きによって、登録情報へのアクセスを認めるものとします。当社がかかる手続きに従って登録情報へのアクセスを認めたことによって第三者への漏洩が生じた場合、当社は一切責任を負わないものとします。
3. 当社は、登録情報の盗用・消滅等が生じた場合であっても、当社の故意又は重過失により会員に損害が生じた場合を除いて、一切責任を負わないものとします。
4. 第三者が、会員の登録情報を用いてした行為は、すべて会員の行為とみなすものとし、会員は当該行為について当社に対して責任を負うものとします。

第12条 【会員の責任・責任の制限】

1. 会員は、自己の責任において本サービスを利用するものとし、本サービスにおいて行った一切の行為およびその結果について一切の責任を負うものとします。
2. 当社は、会員が本規約に違反して本サービスを利用していると認めた場合、当社が必要かつ適切と判断する措置を講じます。ただし、当社は、かかる違反を防止または是正する義務を負いません。
3. 会員は、本サービスを利用したことに起因して(当社がかかる利用を原因とするクレームを第三者より受けた場合を含みます。)、当社が直接的もしくは間接的に何らかの損害(弁護士費用の負担を含みます。)を被った場合、当社の請求にしたがって直ちにこれを補償しなければなりません。
4. 会員は、自己の責任において本サービスを利用するものとします。
5. 会員は、本サービスの利用に関して他の会員または第三者との間で紛争が発生した場合には、当該紛争を紛争当事者間で円満に解決するものとし、当社を一切免責するものとし、何らの迷惑をかけないものとします。

第13条 【禁止事項】

会員は、本サービスの利用に際して、次の各号に定める行為またはこれらに類する行為をしてはならないものとします。

1. 法令、裁判所の判決、決定もしくは命令、または法令上拘束力のある行政措置に違反する行為。
2. 公の秩序または善良の風俗を害するおそれのある行為。
3. 当社または第三者の著作権、商標権、特許権等の知的財産権、名誉権、プライバシー権、その他法令上または契約上の権利を侵害する行為。
4. 過度に暴力的な表現、露骨な性的表現、人種、国籍、信条、性別、社会的身分、門地等による差別につながる表現、自殺、自傷行為、薬物乱用を誘引または助長する表現、その他反社会的な内容を含み他人に不快感を与える表現を、投稿または送信する行為。
5. 当社または第三者になりすます行為または意図的に虚偽の情報を流布させる行為。
6. 同一または類似のメッセージを不特定多数のお客様に送信する行為(当社の認めたものを除きます。)、その他当社がスパムと判断する行為。
7. 当社が定める方法以外の方法で、本コンテンツの利用権を、現金、財物その他の経済上の利益と交換する行為。
8. 営業、宣伝、広告、勧誘、その他営利を目的とする行為(当社の認めたものを除きます。)、他のお客様に対する嫌がらせや誹謗中傷を目的とする行為、その他本サービスが予定している利用目的と異なる目的で本サービスを利用する行為。
9. 反社会的勢力に対する利益供与その他の協力行為。
10. 宗教活動または宗教団体への勧誘行為。
11. 他人の個人情報、登録情報、利用履歴情報などを、不正に収集、開示または提供する行為。
12. 本サービスのサーバやネットワークシステムに支障を与える行為、BOT、チートツール、その他の技術的手段を利用してサービスを不正に操作する行為、本サービスの不具合を意図的に利用する行為、同様の質問を必要以上に繰り返す等、当社に対し不当な問い合わせまたは要求をする行為、その他当社による本サービスの運営または他のお客様による本サービスの利用を妨害し、これらに支障を与える行為。
13. 前各号のいずれかに該当する行為を援助または助長する行為。
14. その他、当社が不適当と判断した行為。

第14条 【退会】

1. 会員は、本サービスの退会を希望する場合、提供者所定の手続(本サイト上からの退会手続等)を行うことにより退会することができます。 退会についてはこちら
2. 会員が有料会員期間の途中で退会した場合であっても、すでに支払い済みの会費については返還を行わないものとします。
3. 退会などにより会員資格を失った場合は、本サービスはご利用出来なくなります。

第15条 【会員資格の喪失】

1. 会員は、次のいずれかの事項に該当した場合、会員資格を失うものとします。
(1) 当社が解散したとき
(2) 会員資格の有効期間が満了して退会した場合
(3) 本規約に定める有料会員の会費の支払がなされない場合
(4) 会員が本規約に反する行為をしたと認められた場合
(5) 当社が会員資格の継続を不適当と考える事由が発生した場合
2. 前項の規定により会員資格を喪失した場合、納入済みの会費は返還いたしません。

第16条 【除名】

1. 当社は、会員が次の各号に定める事由に該当すると判断した場合、当社会員を除名することができます。また、相当の期間を定めて催告を行ったにもかかわらず、前項の規定により本サービスの利用停止をされた会員がなおその事実を解消しない場合は、当該会員の資格を取消すことがあります。ただし、緊急やむを得ない場合は、本サービスの利用停止をしないで、当該会員の資格を取消すことがあります。
(1) IDおよびパスワードを不正に使用した場合
(2) 当社の名誉を著しく傷つける行為。
(3) 法令もしくは公序良俗に反する行為を行ったとき。
(4) 本規約の規定に違反したとき。
(5) その他、会員として不適当と認める相当の事由が発生したとき。
2. 前項の規定により会員が除名となった場合でも、納入済みの会費は返還いたしません。

第17条 【個人情報の取扱い】

1. 当社は、会員のプライバシーを尊重しています。
2. 当社は、会員のプライバシー情報と個人情報を、弊社プライバシーポリシー(以下「プライバシーポリシー」といいます。)に従って適切に取り扱います。
http://segment.co.jp/personal-information/
3. 当社は、お客様から収集した情報を安全に管理するため、セキュリティーに最大限の注意を払っています。
4. 「プライバシーポリシー」の定めにかかわらず、当社は、会員の個人情報について、下記の目的の範囲内で適正に取り扱いさせていただきます。
(1) 電話、電子メール、郵送等各種媒体により、本サイトに掲載するサービス・商品の販売勧奨・アンケート調査等を行うこと。
(2) 本サイトで紹介する各種イベントやキャンペーンに関わる情報の提供・案内を行うこと。
(3) 当メールマガジンの会員登録の記録として保管すること。
(4) お問い合わせ、ご相談にお答えすること。
5. 当社は、本サイト上に別途規定するほか、前項の目的に利用する為、JavaScript等の技術や会員の端末にあるCookie情報を利用して、本サイト内における会員の閲覧情報(アクセスしたURL、コンテンツ、参照順等)を取得することがあります。

第18条 【反社会的勢力の排除】

1. 会員は、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下これらを「暴力団員等」という。)に該当しないこと、および次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約します。
(1) 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
(2) 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
(3) 自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
(4) 暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
(5) 役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
2. 会員は、自らまたは第三者を利用して次の各号の一にでも該当する行為を行わないことを確約します。
(1) 暴力的な要求行為
(2) 法的な責任を超えた不当な要求行為
(3) 風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて相手方の信用を毀損し、または相手方の業務を妨害する行為
(4) 法令、公序良俗に反する行為、またはそのおそれがある行為
(5) その他前各号に準ずる行為
3. 当社は、前二項の表明に反して、会員が暴力団員等あるいは前二項各号の一にでも該当することが判明したときは、何らの催告をせず、本規約に基づく一切の契約を解除することができ、会員はこれになんら異議を申し立てないものとします。なお、この場合、会員は、期限の利益を喪失し、直ちに当社に対する債務の弁済を行うものとします。

第19条 【知的所有権について】

1. 原則として、サービス内容、利用マニュアル、利用規約の著作権、その他知的所有権などの権利をすべて当社が留保していることを定めます。
2. 当社によって提供される情報の著作権は当協会に帰属します。
3. 当社によって提供される情報を、複製・編集・加工・発信・販売・出版その他いかなる方法においても、著作権法に違反して使用することを禁止します。
4. 会員は、原則として本サービスの提供者から受領したメールを自由に複製・転送することができるものとしますが、会員がこれを無断で改変することは認められません。また、当該メールに複製・転送等の利用についての制限が明示されている場合には、会員はこれに従うものとします。
5. 会員が本サービスの提供者の送信したメールからリンク先やウェブサイトにアクセスした場合、会員は当該リンク先やウェブサイトの運営者その他の関連当事者の著作権、商標権、その他の権利を侵害してはならないものとします。

第20条 【免責および損額賠償】

1. 当社は、情報の正確性、完全性、有用性などに関してなんら保証をするものではありません。
2. 当社は、本サービスが常時利用できること、本サービスの内容が完全、正確または有用であること、権利侵害が存在しないことなどを含め、本サービスに関し会員に対して何ら保証しません。
3. 会員は、当社の活動に関連して取得した資料、情報等について、自らの判断によりその利用の採否・方法等を決定するものとし、これらに起因して会員また第三者が損害を被った場合であっても、当社は一切責任を負わないものとします。
4. 本サービスに起因して会員その他第三者に不利益または損害が発生したとしても、当社は、一切責任を負いません。
5. 本サービスの提供者が提供した情報に基づいて会員が第三者と取引を行う場合にはすべて当該第三者と会員間での責任において行うものとし、提供者は一切責任を負いません。
6. 当社は、会員がリンク先の記事の内容について事故、コンピュータ・ウィルスへの感染その他の不都合が生じた場合、あるいはリンク先の記事の内容によって不利益を被った場合においても一切責任を負わないものとします。
7. 当社が会員に対して責任を負う場合であっても、当社の責任は直接かつ通常の損害に限られるものとし、かつ、会員が当社に過去12ヶ月間に支払った会費の合計額を超えないものとします。
8. 会員が、本規約およびその他法令等に違反する行為によって、当社に損害を与えた場合には、当社は当該会員に対してその損害の賠償を請求できるものとします。

第21条 【会員に対する通知】

1. 会員に対する通知は、提供者の判断により、以下のいずれかの方法で行うことができるものとします。
(1) 本サービスのホームページに掲載して行います。この場合は、掲載された時をもって、全ての会員に対し通知が完了したものとみなします。
(2) 会員が利用申込の際又はその後に提供者に届け出た会員の電子メール宛てに電子メールを送信し、あるいはFAX番号宛てにFAXを送信して行います。この場合は、会員の電子メール又はFAXへの提供者が送信した時をもって、会員に対する通知が完了したものとみなします。
(3) 会員が利用申込の際又はその後に提供者に届け出た会員の住所宛てに郵送して行います。この場合は、郵便物を会員の住所に発送した時をもって、会員に対する通知が完了したものとみなします。
(4) その他、提供者が適切と判断する方法で行います。この場合は、当該通知の中で当社が指定した時をもって、当該通知が完了したものとみなします。
2. 本規定又は関連法令において書面による通知手続が求められている場合、前項の手続により書面に代えることができるものとします。

第22条 【分離可能性と権利不放棄】

1. 契約内容の一部が無効とされた場合も、その他の部分については有効であることを定めます。具体的には、
(1) 規約に定める権利の行使、実施の怠慢が、その権利の放棄を意味しないこと
(2) 規約中のいずれかの条項が、ある管轄地において無効、違法等の判断を受けた場合でも、その他の条項はなお効力を有し存続すること
2. 会員が退会・除名等により会員資格を喪失した後も、本規約の規定は継続して当該会員に対して効力を有するものとします。

第23条 【本会員規約の追加・変更】

1. 本規約に定めのない事項は、当社の判断によるものとします。
2. 当社は、本規約の全部または一部を変更することができます。変更された本規約は、当社の Web サイト上に掲載された時点で効力を発するものとし、以後会員は、当該変更された本規約を遵守しなければなりません。

第24条 【準拠法および管轄裁判所】

本規約の準拠法は日本法とし、本規約に関する一切の紛争は、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。