ログイン

共有する

RPAテクノロジーズと東芝情報システムが「Blue Prism」の販売代理店契約を締結

RPAのベーステクノロジーを提供するRPAテクノロジーズ株式会社は、東芝情報システム株式会社と、RPAツールのグローバルシェアNo1である「Blue Prism」の販売代理店契約を締結したことを発表した。

 現在、国内企業において「人材不足」が深刻な経営課題になっており、経済産業省や中小企業庁からガイドラインが示される等、政府も本格的な労働力確保に向けた動きを進めている。こうした課題の対策として、ビジネスシーンでの省力化を目指したAIITの活用や、機械学習と言った技術を用いて業務の代行を実現するRPAを活用した定型業務の自動化を進めている。RPAへの注目に伴い、国内でさまざまなRPAツールが販売されているが、社員個人が許可なく導入することで企業として管理ができなくなる「野良ロボ」の増加や、想定外のロボ動作による不正アクセスや誤処理などRPAツールの管理機能が低いことに起因した事故も発生している。

今回、日本初のBlue Prism社公認のバリューアッドマスターリセラーであり、国内4000体の「RPA/Digital Labor」の導入実績を持つRPAテクノロジーズは、さらなる日本型の「RPA/Digital Labor」活用の普及を推進するため、長年、会計・販売管理などの基幹システム導入・運用で実績を持つ東芝情報システムと「Blue Prism」の販売代理店契約を締結する。東芝情報システムでは、今まで培った経験を活かし、RPA導入や運用をサポートするサービスを提供していく。

 引用元:PRTIMES プレスリリース詳細へ

■東芝情報システム株式会社について
設立   :1962年8月
本社所在地:神奈川県川崎市川崎区日進町1-53 興和川崎東口ビル
代表者  :代表取締役社長 伊藤 壮介
資本金  :100,000万円
事業内容 :エンベデッドシステムソリューション、LSIソリューション、SIソリューション、ヘルスケアソリューション東芝、東芝ソリューショングループの一員として、システムインテグレーション分野、ヘルスケア分野、組込みシステム分野、LSI分野で、お客様のニーズに最適なソリューションを提供

■RPAテクノロジーズ株式会社について
設立   :2013年7月
本社所在地:東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル13F
代表者  :代表取締役社長 大角 暢之
資本金  :3,000万円
事業内容 :コンピュータ、その周辺機器およびそのソフトウェアの開発、設計、製造、販売ならびに輸出入業務/情報処理サービス業および、コンサルタント業務/情報提供サービス業/マーケティングリサーチおよび各種情報の収集分析

2018/3/26データ提供 PRTIMES

この記事にコメント

関連記事

アクシオ、RPAの導入を容易にする「OnRPA™」の提供と“働き方改革アプライアンス”「RPAonRPA」の販売を同時開始

アクシオ、RPAの導入を容易にする「OnRPA™」の提供と“働き方改革アプライアンス”「RPAonRPA」の販売を同時開始

RPA国内最大規模イベント<BR/>「RPA DIGITAL WORLD2018」を開催

RPA国内最大規模イベント
「RPA DIGITAL WORLD2018」を開催

ヒューマンリソシア 第四銀行と業務提携し、RPA活用で企業の業務生産性向上を支援

ヒューマンリソシア 第四銀行と業務提携し、RPA活用で企業の業務生産性向上を支援

SHIFT、Automation Anywhere社と締結

SHIFT、Automation Anywhere社と締結

ソフトバンクとfreeeがRPAの普及に向けて協業

ソフトバンクとfreeeがRPAの普及に向けて協業

パーソルグループ、RPAで日本の労働力不足解消へ

パーソルグループ、RPAで日本の労働力不足解消へ

「RPA BANKマーケットプレイス(α版)」開設のお知らせ

「RPA BANKマーケットプレイス(α版)」開設のお知らせ

「BrainRobo」の3つの新サービスプランを提供開始

「BrainRobo」の3つの新サービスプランを提供開始