ログイン

共有する

NTTアドバンステクノロジ、「WinActor®」最新版販売

NTTアドバンステクノロジ株式会社は、2014年に商品化し販売しているRPAツール「WinActor®」について、セキュリティ面と操作性を強化した最新版Ver.5.0を、2018年3月1日(木)から販売開始することを発表した。

「WinActor®」は、企業等の働き方改革・業務効率化に貢献するツールとして注目されているRPAツールのひとつであり、日本企業の業務にマッチした純国産ツールとして、金融業から物流・小売業と幅広い分野の企業約500社に導入されている。

NTTアドバンステクノロジは、「WinActor®」が行う作業のシナリオ作成にあたり、パートナー企業各社や顧客から要望の多かったセキュリティ・操作性をさらに強化した「WinActor ®Ver.5.0」を提供する。

引用元:PRTIMES プレスリリース詳細へ

■WinActor®について
WinActor®は、NTTアクセスサービスシステム研究所で研究開発された技術をベースに、NTT-ATが商品化した純国産のRPAツールである。Windows®アプリケーション、Webアプリケーションで行うさまざまな操作を「シナリオ」として記録し、自動化する。定型的な繰り返し作業や、大量データを扱う作業を正確に再現することが可能である。さらに、既存システムに手を加えることなく、これまで人手で行ってきた複雑な操作や、複数システムにまたがるデータの投入を自動化し、人手作業の効率・品質・コストの大幅な改善につなげることができる。WinActor®は、業種や会社の規模に関わらず、幅広い業務で活用することができる。

■WinActor®Ver.5.0のバージョンアップ機能について
・セキュリティ機能強化:シナリオ保護機能、ログ出力制御機が追加される。
・操作性向上     :シナリオ編集画面の操作性が改善され、簡単な操作でシナリオ作成・編集が可能になる。
・システム連携    :ODBC(※1)データソースと連携したデータ入力が可能になり、管理機能にも対応する。

(※1)Open Database Connectivityの略。関係データベース管理システムにアクセスするための共通インタフェース(API)である。

2018/2/6データ提供 PRTIMES

この記事にコメント

関連記事

ヒューマンホールディングス、RPAを全社へ導入

ヒューマンホールディングス、RPAを全社へ導入

株式会社2.1、宮崎市に日本初の「RPAマニュアルセンター」を設置

株式会社2.1、宮崎市に日本初の「RPAマニュアルセンター」を設置

RPAテクノロジーズとイージェーワークスが「Blue Prism」のサブリセラー契約を締結

RPAテクノロジーズとイージェーワークスが「Blue Prism」のサブリセラー契約を締結

RPA診断改修サービス「ROBOPIT!」の提供を開始

RPA診断改修サービス「ROBOPIT!」の提供を開始

「RPA Robo-Pat」ユーザインタフェースの大幅リニューアル

「RPA Robo-Pat」ユーザインタフェースの大幅リニューアル

【NICEナイス RPA】 <br>NICEコグニティブ・ロボティック・オートメーション・プラットフォームがAmazon Lexへの拡張対応に成功。

【NICEナイス RPA】
NICEコグニティブ・ロボティック・オートメーション・プラットフォームがAmazon Lexへの拡張対応に成功。

つくば市、自治体で全国初のRPA働き方改革

つくば市、自治体で全国初のRPA働き方改革

富士通とKofax、RPAのグローバルでの販売パートナー契約を締結

富士通とKofax、RPAのグローバルでの販売パートナー契約を締結