ログイン

共有する

GA technologies、首都大学東京と共同研究実施

株式会社GA technologiesは、2018年1月18()に首都大学東京高間研究室と不動産テック分野における生産性向上に関する共同研究成果発表会を開催した。

発表会では、AIを活用した物件レコメンドシステム(※1)の共同研究事例や、自社内での業界初のマイソク(※2)自動読み取りシステム開発を始めとするRPA実現により、不動産業における業務改善に大きな成果が認められたことを報告した。産学共同研究では、AIの機械学習を活用した物件レコメンドシステム導入により、リノベーション業務における物件提案までの時間を最大55%まで削減することに成功した。また、AIの画像解析技術を活用した不動産業界初のマイソク自動読み取りを始めとするRPA実現では、物件仕入れ業務に係る時間を1/3に圧縮することに成功した。

(※1) マイソクとは、仲介不動産会社の情報源として、物件の概要、間取り図、地図などをまとめた資料の通称である。
(※2) レコメンドシステムとは、仕入れ担当が顧客の要望にあった物件を探す際、顧客の求める条件に対して、推薦のランキングをつけて検索結果を表示するシステムである。

少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少から企業活動における業務効率化及び生産性向上は重要な課題であり、その一つの解決方法としてAIの役割が大きな注目を集めている。デジタル化の遅れや非効率な業務体系が指摘される不動産業界でも生産性の向上は大きな課題であり、不動産購入希望者への物件提案の現場でも、効率性の低い物件検索や、セールスマンの知識や経験に依存した物件提案が数多く行われている。GA technologiesは、AI活用やRPAを通じて、これらの問題に取り組んできた。

今回の研究・取り組み発表を経て、今後は他業務の更なる効率化を目指すとともに、共同研究においては「パーソナライズ x マッチング」実現に向け、まずは類似地域のクラスタリング技術を追加した地域をまたいだ類似物件レコメンドシステムの研究開発に取り組む予定である。さらに将来的には、これらの業務支援システムも外部向け販売を通じて、不動産業界全体の生産性向上やユーザー利便性の高い不動産サービスの創出を目指している。

引用元:PRTIMES プレスリリース詳細へ

■株式会社GA technologiesについて
本社     :〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエア8F
設立     :2013年3月12日
代表取締役社長:樋口 龍
資本金    :4億8,178万円
事業内容   :AIを活用したリノベーションアプリ「Renosy(リノベ版)」の開発運営
        1部屋からのカジュアル不動産投資アプリ「Renosy(投資版)」の開発運営
        AIを活用した不動産業務支援ツールTechシリーズの開発

■首都大学東京について
所在地:東京都新宿区西新宿2-3-1
設立 :2005年4月1日
学長 :上野 淳

2018/1/19データ提供 PRTIMES

この記事にコメント

関連記事

RPAクラウドサービス「BizRobo! DX Cloud」提供開始

RPAクラウドサービス「BizRobo! DX Cloud」提供開始

ハートコア、業務自動化をサポートする「ロボ派遣」の提供開始

ハートコア、業務自動化をサポートする「ロボ派遣」の提供開始

基幹業務自動化RPAサービス「GRANDIT ロボットオプション」販売開始

基幹業務自動化RPAサービス「GRANDIT ロボットオプション」販売開始

経営課題解決ソリューション「RoboRoid®-Data Intelligence」提供開始

経営課題解決ソリューション「RoboRoid®-Data Intelligence」提供開始

ヒューマンリソシア、派遣スタッフ向けRPAトレーニングを開始

ヒューマンリソシア、派遣スタッフ向けRPAトレーニングを開始

「BizteX cobit」最大50万円の補助を受けられる、IT導入補助金対象に認定

「BizteX cobit」最大50万円の補助を受けられる、IT導入補助金対象に認定

ブレインパッド、テクノプロ・ホールディングス、RPA「ブレインロボ」を導入

ブレインパッド、テクノプロ・ホールディングス、RPA「ブレインロボ」を導入

インフォコム、「紙帳票の自動取込」を実現

インフォコム、「紙帳票の自動取込」を実現