ログイン

共有する

「人」と「ロボット」の共存最適化を目指した業務変革に着手

ソフトウェアの品質保証・テストを提供する株式会社SHIFTは、自社の企業規模拡大に伴い肥大する間接的な時間や労力の削減と、更なる業務の効率化を目指し、SHIFTが有する従来の業務効率化ノウハウに加え、AIやRPAなど先端技術を取り入れた新たな変革活動を推進する。■取り組み開始の背景
SHIFTは、業務の可視化・標準化により、従来開発者の仕事とされていたソフトウェアテストを業務分解し、業務知識を伴う判断が必要な部分とそれ以外に分けることで、非IT人材が活躍出来るフィールドを創出してきた。また、SHIFT設立より持つ業務改善コンサルティングのノウハウを活かした業務効率化の徹底も追求し、それまで、個人の知見に大きく左右されていたテスト業務を、体系立てたテストの方法論と、自社開発のソフトウェアテスト管理ツール「CAT(Computer Aided Test)(※1)」を駆使し、高品質でコストパフォーマンスの高いソフトウェアテストサービスとして提供することで、業界を問わず多くのお客様から支持されてきた。

一方で、自社の急激な成長に伴う新規顧客やプロジェクト、従業員数の加速度的な増加に伴い、メンバー間のコミュニケーションや業務の連携、活用する業務支援ツールなどに合わせた、オペレーションの効率化とレベルアップが必要となる時期にも差し掛かっている。

また、IT業界に目を向けると、経済産業省の調査では国内のIT人材の不足は今後も深刻化し続け、2020年にはおよそ30万人、2030年にはおよそ59万人が不足するとされている(※2)。限られた労働力で最大限の成果を生み出すために、それぞれの能力に合った業務分担・業務プロセスの見直しと改善、人材育成の推進がSHIFTのみならず、IT業界、ひいては日本国内において早急に解決すべき課題であると考えている。

このような背景から、SHIFTは今後の市場環境の変化から避けては通ることの出来ない業務の生産性向上の必要性に早期から着目し、非IT人材の活用、業務自動化などの技術や手法を活用することで、自社のみならずIT業界全体の労働環境改善に貢献すべく、SHIFTの専門領域から改善策の発信に取り組んでいく。

※1 「CAT(Computer Aided Test)」詳細はこちら。 
※2  出典:[経済産業省]報告書概要版(IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果)、p7 詳細はこちら

■プロジェクトの具体的な取り組みと狙う効果
今回の取り組みでは特に、「人」と「ロボット」の共存最適化やAIやRPAなどの先端技術の導入・活用を目指した取り組みを進めていく。SHIFTのコアコンピタンスである業務分析(可視化・標準化)ノウハウを活用し、人とロボットそれぞれの特性を活かしつつ「人が実施すべき業務」と「ロボットが実施すべき業務」を的確に切り分けることで、パフォーマンスの最適化を図る。主な取り組みの中で、RPAに関する内容は以下の通りである。

-RPAによる業務の自動化
連結従業員数2,000名を超え、今後さらに増加していく中、人事・労務・総務・採用・経理・販売管理・情報システム部門などのバックオフィス業務における定常的作業の一部を、RPAの導入により自動化する。対象は、繰り返されるデータ入力や照合業務、情報システム部門によるPC端末のキッティング作業などであり、今後さらに自社での活用領域を広げ、ロボットの活用が適切な部分はロボットに任せ、人はより付加価値の高い領域に集中できるような業務改革を目指していく。

■本プロジェクトの今後の展開について
人材不足に改善の兆しが見えず年々深刻化する中、限られた人的リソースで成果を最大化させるための対策は、多くの企業で大きな課題として顕在化が進んでいる。AIやロボット、RPAなどの今日頻繁に話題に取り上げられる新たな技術は、人が使いこなし、有効に活用することで初めて高い生産性を発揮するが、必ずしもそれら技術の導入企業に技術活用に関するノウハウがあるわけではない。SHIFTは、適切な業務分析のもと、企業さらには個々の従業員の生産性向上に向けた研究・取り組みを、引き続き継続していく。将来的には、これらの活動で得た経験とノウハウを自社の新たなサービスとして展開し、スマートで無駄のない社会の実現に向け、企業価値の向上に努めていく。

引用元:PRTIMES プレスリリース詳細へ

■株式会社SHIFTについて
株式会社SHIFTは「すべてのソフトウェアにMade in Japanの品質を」をコーポレートビジョンとする、ソフトウェアの品質保証・テストの専門企業である。国内5兆円の市場規模を持ちながら、同業他社はわずか数社というブルーオーシャン市場において、金融機関などのエンタープライズ領域におけるミッションクリティカルな基幹システムから、ECサイト、スマートフォン向けのアプリ・ゲーム検証まで幅広い分野のお客様に対する品質保証サービスを主力事業としている。

・社名      :株式会社SHIFT
・代表取締役社長 :丹下 大
・設立      :2005年9月
・本社所在地   :〒106-0041 東京都港区麻布台2-4-5 メソニック39MTビル
・事業内容    :ソフトウェアの品質保証、テスト事業
・URL      :コーポレートサイトはこちら
          サービスサイトはこちら

2017/12/18データ提供 PRTIMES

この記事にコメント

関連記事

アクシオ、RPAの導入を容易にする「OnRPA™」の提供と“働き方改革アプライアンス”「RPAonRPA」の販売を同時開始

アクシオ、RPAの導入を容易にする「OnRPA™」の提供と“働き方改革アプライアンス”「RPAonRPA」の販売を同時開始

RPA国内最大規模イベント<BR/>「RPA DIGITAL WORLD2018」を開催

RPA国内最大規模イベント
「RPA DIGITAL WORLD2018」を開催

ヒューマンリソシア 第四銀行と業務提携し、RPA活用で企業の業務生産性向上を支援

ヒューマンリソシア 第四銀行と業務提携し、RPA活用で企業の業務生産性向上を支援

SHIFT、Automation Anywhere社と締結

SHIFT、Automation Anywhere社と締結

ソフトバンクとfreeeがRPAの普及に向けて協業

ソフトバンクとfreeeがRPAの普及に向けて協業

パーソルグループ、RPAで日本の労働力不足解消へ

パーソルグループ、RPAで日本の労働力不足解消へ

「RPA BANKマーケットプレイス(α版)」開設のお知らせ

「RPA BANKマーケットプレイス(α版)」開設のお知らせ

「BrainRobo」の3つの新サービスプランを提供開始

「BrainRobo」の3つの新サービスプランを提供開始