ログイン

共有する

山形銀行 生産性向上等を目的にRPAを試行導入

株式会社山形銀行は、株式会社エヌ・ティ・ティ・データ東北と連携し、業務の生産性向上等を目的としたRPAの試行導入を行うことを発表した。

この取り組みを通じて、生産性向上と抜本的な事務の見直しを図り、さらなる経営の効率化を目指していく。

■試行導入の内容
試行期間         :2017年12月11日(月)~2018年2月中旬
RPAソフトウェア     :NTTデータ「WinActor(ウインアクター)」
試行対象業務       :本部で行っている預金・貸出金残高などの定型集計業務 計4業務
試行後の展開について : 本試行により効果や適合性の検証を行い、2018年4月からの全行展開を目指し、 検討をすすめていく。

引用元:株式会社山形銀行 プレスリリース詳細へ

【本件に関する問い合わせ先】
・株式会社山形銀行 広報 CSR 戦略室 二宮
 TEL 023-623-1221(代表)

2017/12/6データ提供 株式会社山形銀行

 

この記事にコメント

関連記事

【IoT×RPA】アジアクエストが RPAコンサルティングサービスを提供開始

【IoT×RPA】アジアクエストが RPAコンサルティングサービスを提供開始

レオパレス21、業務の自動化・効率化を行うRPAソリューションの導入開始

レオパレス21、業務の自動化・効率化を行うRPAソリューションの導入開始

国内初のクラウドRPA「BizteX cobit」サービス開始1周年

国内初のクラウドRPA「BizteX cobit」サービス開始1周年

RPA活用の先へ。デジタルレイバーとの協働によるWork Life Integrationを体験するイベント『BizRobo! LAND 2018』開催

RPA活用の先へ。デジタルレイバーとの協働によるWork Life Integrationを体験するイベント『BizRobo! LAND 2018』開催

ディープラーニング技術の活用によるOCRエンジンを開発 非定型の帳票からデータ抽出を可能にしRPAとの接続で企業の圧倒的な生産性向上を実現

ディープラーニング技術の活用によるOCRエンジンを開発 非定型の帳票からデータ抽出を可能にしRPAとの接続で企業の圧倒的な生産性向上を実現

「BizRobo! ユーザーコミュニティ」発足『第1回BizRobo! CAMP!!』開催

「BizRobo! ユーザーコミュニティ」発足『第1回BizRobo! CAMP!!』開催

RPAテクノロジーズ、クラウドワークス、パナソニック ソリューションテクノロジー RPA導入ワンストップサービス「Forge RPA」を共同開発

RPAテクノロジーズ、クラウドワークス、パナソニック ソリューションテクノロジー RPA導入ワンストップサービス「Forge RPA」を共同開発

RPAテクノロジーズ、クラウドワークス、パナソニック ソリューションテクノロジー RPA導入ワンストップサービス「Forge RPA」を共同開発

RPAテクノロジーズ、クラウドワークス、パナソニック ソリューションテクノロジー RPA導入ワンストップサービス「Forge RPA」を共同開発