ログイン

共有する

山形銀行 生産性向上等を目的にRPAを試行導入

株式会社山形銀行は、株式会社エヌ・ティ・ティ・データ東北と連携し、業務の生産性向上等を目的としたRPAの試行導入を行うことを発表した。

この取り組みを通じて、生産性向上と抜本的な事務の見直しを図り、さらなる経営の効率化を目指していく。

■試行導入の内容
試行期間         :2017年12月11日(月)~2018年2月中旬
RPAソフトウェア     :NTTデータ「WinActor(ウインアクター)」
試行対象業務       :本部で行っている預金・貸出金残高などの定型集計業務 計4業務
試行後の展開について : 本試行により効果や適合性の検証を行い、2018年4月からの全行展開を目指し、 検討をすすめていく。

引用元:株式会社山形銀行 プレスリリース詳細へ

【本件に関する問い合わせ先】
・株式会社山形銀行 広報 CSR 戦略室 二宮
 TEL 023-623-1221(代表)

2017/12/6データ提供 株式会社山形銀行

 

この記事にコメント

関連記事

RPAテクノロジーズ、名古屋支社開設

RPAテクノロジーズ、名古屋支社開設

RPAソリューション「Autoジョブ名人」新発売 ーWindowsアプリに対応ー

RPAソリューション「Autoジョブ名人」新発売 ーWindowsアプリに対応ー

富士通、「ACTIBRIDGE」により次世代のワークスタイルを実現

富士通、「ACTIBRIDGE」により次世代のワークスタイルを実現

ヒューマンホールディングス、RPAを全社へ導入

ヒューマンホールディングス、RPAを全社へ導入

株式会社2.1、宮崎市に日本初の「RPAマニュアルセンター」を設置

株式会社2.1、宮崎市に日本初の「RPAマニュアルセンター」を設置

RPAテクノロジーズとイージェーワークスが「Blue Prism」のサブリセラー契約を締結

RPAテクノロジーズとイージェーワークスが「Blue Prism」のサブリセラー契約を締結

RPA診断改修サービス「ROBOPIT!」の提供を開始

RPA診断改修サービス「ROBOPIT!」の提供を開始

「RPA Robo-Pat」ユーザインタフェースの大幅リニューアル

「RPA Robo-Pat」ユーザインタフェースの大幅リニューアル