ログイン

共有する

RPAのトータルソリューションを関西エリアで提供開始

パーソルプロセス&テクノロジー株式会社は、2017年7月より提供を開始しているRPAにおける、コンサルティング、開発、導入、運用支援、トレーニングまでをワンストップで提供する、「RPAトータルソリューションサービス」(※1)を関西エリアでも提供を開始すると発表した。

昨今の労働力不足に伴う採用難や人件費の高騰などを背景に、ホワイトカラーの業務の自動化や効率化を実現するRPAの注目度が高まっている。多くの企業でRPAの導入が進む中、関西でのニーズも高まりを見せている。一方で導入を支援するベンダーは関東圏に拠点を構える企業も多く、定期的な出張が必要になるなど、導入時の費用負担や、導入後のトラブル時の対応にタイムラグが生じるなどの問題も起こっている。

RPAの導入を検討する企業の中には、自社の課題を解決するために最適なツールの選定に迷う企業も少なくない。ツールごとの特徴や機能を把握することに加え、独自の設計・開発が必要となり、専門知識を持った技術者の協力が必須となるが、慢性的に技術者が不足しており、企業にマッチしたシステムの選択・開発・導入が追いついていないのが現状である。

パーソルプロセス&テクノロジーでは、2017年4月にRPAの専門組織を立ち上げ、また日本のRPA市場を牽引する様々なパートナーと業務提携を行い、代表的なツールの取り扱い、ならびに枯渇するRPA技術者の教育・育成を行っており、これまで多くのお客様のRPAの導入から運用支援までを支援してきた。その経験とノウハウを活かし、関西エリアのRPAにおけるコンサルティングから導入、運用支援、トレーニングまでのワンストップサービスを提供する。

パーソルプロセス&テクノロジーは今後も、顧客企業のビジネスにおける課題を解決し成長を共にするパートナーとして、様々なアプローチでビジネスプロセスの変革を実現していく。

(※1)RPAトータルソリューション 詳細はこちら

引用元:PRTIMES プレスリリース詳細へ

■パーソルプロセス&テクノロジー株式会社について
パーソルプロセス&テクノロジー株式会社は、パーソルグループの「ITOセグメント」中核会社として、ITにおける開発から運用、テクニカルサポート等を提供するほか、事業課題に応じたビジネスプロセスのアウトソーシングや、コンサルティングを実施している。2017年7月より、株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズ(IBS)からパーソルプロセス&テクノロジー株式会社へ社名変更。グループの総力をあげて、労働・雇用の課題の解決を目指す。

■「PERSOL」について
パーソルは、2016年7月に誕生した新たなブランド。ブランド名の由来は、「人は仕事を通じて成長し(PERSON)、社会の課題を解決していく(SOLUTION)」。パーソルグループは、人材派遣のパーソルテンプスタッフ、人材紹介や求人広告のパーソルキャリアをはじめとし、ITアウトソーシング、設計開発にいたるまで、国内外90社を超える幅広い企業群で構成されている。グループのビジョンである「人と組織の成長創造インフラへ」を実現するために、労働・雇用の課題の解決に総合的に取り組んでいく。

2017/11/21データ提供 PRTIMES

この記事にコメント

関連記事

ヒューマンホールディングス、RPAを全社へ導入

ヒューマンホールディングス、RPAを全社へ導入

株式会社2.1、宮崎市に日本初の「RPAマニュアルセンター」を設置

株式会社2.1、宮崎市に日本初の「RPAマニュアルセンター」を設置

RPAテクノロジーズとイージェーワークスが「Blue Prism」のサブリセラー契約を締結

RPAテクノロジーズとイージェーワークスが「Blue Prism」のサブリセラー契約を締結

RPA診断改修サービス「ROBOPIT!」の提供を開始

RPA診断改修サービス「ROBOPIT!」の提供を開始

「RPA Robo-Pat」ユーザインタフェースの大幅リニューアル

「RPA Robo-Pat」ユーザインタフェースの大幅リニューアル

【NICEナイス RPA】 <br>NICEコグニティブ・ロボティック・オートメーション・プラットフォームがAmazon Lexへの拡張対応に成功。

【NICEナイス RPA】
NICEコグニティブ・ロボティック・オートメーション・プラットフォームがAmazon Lexへの拡張対応に成功。

つくば市、自治体で全国初のRPA働き方改革

つくば市、自治体で全国初のRPA働き方改革

富士通とKofax、RPAのグローバルでの販売パートナー契約を締結

富士通とKofax、RPAのグローバルでの販売パートナー契約を締結