ログイン

共有する

TIS、横河電機の本社業務約85%の作業時間削減を支援

TISインテックグループのTIS株式会社は、横河電機株式会社の「生産性向上」「高付加価値業務へのシフト」を目的としたRPA導入を支援したと発表した。

横河電機では、中期経営計画「Transformation 2017」の3つの重点項目の一つとして、「高効率グローバル企業への変革」を掲げている。この実現のためには業務の標準化による生産性向上や高付加価値業務へのシフトが必須であり、その具体的施策の1つとして、エンタープライズ向けRPA分野のリーディングカンパニーである米国Automation Anywhere, Inc.の「Automation Anywhere Enterprise」(※1)を他社に先駆けて活用し、経理部門や業務支援部門をはじめとする業務の自動化を行った。2017年7月に本番稼働を開始した「経費取引先マスタ登録業務」と「プロジェクト管理システムへの登録業務」の2つの業務では、8月実績としてそれぞれ約85%の作業時間削減を実現した。

横河電機株式会社 グローバル業務革新本部 企画推進1部長 竹 浩太郎氏は、今回の「RPA」プロジェクトに関して、「RPAの導入が、日常、何気なく行っている業務や行動を改めて見直しを行うなど、意識を変革させるきっかけとなればと考えている。さらなる効率化、生産性の向上に向けた取り組みとして、自動化を加速していく予定である。また、連結売上高の約7割が海外売上となっているため、海外での業務も含め、YOKOGAWAグループ全体で効率化を進めていく予定である」と述べている。

(※1)「Automation Anywhere Enterprise」:詳しくはこちら

TISは、本プロジェクトにおいて、RPA導入における課題整理から、効率的に自動化するための業務オペレーションの改善及びRPAの適用を支援した。

また、TISでは近い将来、RPAは基幹システムを補完するものとして当たり前の技術になると想定している。今回のプロジェクトのような「RPA」を活用した業務改革の推進の支援に加えて、得意とするERPや業種特化型ソリューションと連携することで、さらなる付加価値を提供していく。

引用元:PRTIMES プレスリリース詳細へ

■横河電機株式会社について
1915年の創立以来、計測、制御、情報の技術を軸に、最先端の製品やソリューションを産業界に提供している。主力である制御事業においては、プラントのライフサイクルにわたり、生産の効率化や安全の確保、資産の最大活用など、お客様の課題に対して最適なソリューションを提供し、お客様とともに新しい価値を創造することにより、石油、ガス、化学、電力、鉄鋼、紙パルプ、薬品、食品などさまざまな産業の発展を支えている。

■TIS株式会社について
TISインテックグループの TIS は、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型の IT ソリューションを多数用意している。同時に、中国・ASEAN 地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で 3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献している。

■TISインテックグループについて
TISインテックグループはグループ会社約60社、2万人が一体となって、それぞれの強みを活かし、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客さまのビジネスを支えるITサービスを提供している。

2017/11/21データ提供 PRTIMES

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事

TIS、AI-OCR「Tegaki」を使った業務デジタル化ソリューションを展開

TIS、AI-OCR「Tegaki」を使った業務デジタル化ソリューションを展開

人工知能スタートアップのシナモン、AI-OCRを活用した「Flax Scanner受発注業務効率化サービス」を発表

人工知能スタートアップのシナモン、AI-OCRを活用した「Flax Scanner…

日本初!「AIアバター接客×EC連携インタラクティブサイネージ」による狭小デジタルストアの実証実験を開始 – UsideUがNTTデータと連携

日本初!「AIアバター接客×EC連携インタラクティブサイネージ」による…

業務支援プラットフォーム「G.A.T.E」~ワタミでの実証実験を開始~ネット広告配信の効果検証へ

業務支援プラットフォーム「G.A.T.E」~ワタミでの実証実験を開始~ネ…

ビズリーチ、RPAソフト「UiPath」を3部署15業務に導入、全社へと拡大

ビズリーチ、RPAソフト「UiPath」を3部署15業務に導入、全社へと拡大

RPAの導入効果を可視化する管理ツール「RPA Conductor」、UiPath向けにISIDが開発

RPAの導入効果を可視化する管理ツール「RPA Conductor」、UiPath向け…

ヒューマンリソシア 税金に関する質問にチャットが回答する「UTAXボット」を浦安市に導入

ヒューマンリソシア 税金に関する質問にチャットが回答する「UTAXボ…

ショーケース・ティービーが、Googleスプレッドシートを使った業務自動化サポートを提案

ショーケース・ティービーが、Googleスプレッドシートを使った業務自…