• TOP
  • RSS
  • サンリオとNTTドコモ、XR事業で業務提携

共有する

サンリオとNTTドコモ、XR事業で業務提携

株式会社サンリオと株式会社NTTドコモは、2020年11月11日(水)に、XR(※1)領域における新規事業開発に向けた業務提携に合意したと発表した。

本業務提携では、サンリオの保有するキャラクターのブランド力とキャラクタービジネス経験、ドコモのモバイルにおけるノウハウを生かし、XR事業に参画するという。

ドコモが展開するXRの取り組みにおいて、サンリオのキャラクターを活用し、コンテンツの配信やサービス展開を検討しているとのこと。また、サンリオのテーマパーク「サンリオピューロランド」で、空間コンピューティングデバイス「Magic Leap 1」(※2)を利用して、サンリオのキャラクターを活用したコンテンツを提供するイベントの開催を検討しているという。そのほか、サンリオピューロランドの30周年企画として実施される、VR空間でピューロランド内エリアを装飾した作品や、オリジナル素材で空間演出をした作品を、参加者が応募する「Digital KAWAII Awards in Sanrio Puroland」へ、ドコモが協賛を予定している。

両社は今後も、サンリオのキャラクターにドコモのXRや5Gの技術を連携させた取り組みにより、エンターテイメントやテーマパーク業界で、新しい価値を提供していくとのことだ。

※1 XRとは、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)、MR(複合現実)といった先端技術の総称。
※2 「Magic Leap 1」は、Magic Leap社の軽量なウェアラブルヘッドセットです。リアルとデジタルを融合したインタラクティブな世界を提供。目の前にモニターがなくても、シームレスにデジタルコンテンツに見て触れることが可能だ。
*「MAGIC LEAP 1」は、Magic Leap,Inc.の商標である。

元のページを表示 ≫

関連する記事

出典元の記事はこちら

関連記事