• TOP
  • RSS
  • Android Studioが折り畳みスマホ用エミュレータを搭載、機械学習プラットフォームTensorFlow Liteのサポートも強化

共有する

Android Studioが折り畳みスマホ用エミュレータを搭載、機械学習プラットフォームTensorFlow Liteのサポートも強化

Google(グーグル)は米国時間10月12日、Androidアプリの統合開発環境(IDE)であるAndroid Studioのバージョン4.1の安定版をリリースした。いつものことだが、Android Studioはバージョン番号が少し上がっただけではアップデートの効果は十分ではないが、バージョン4.1では新機能や改良された機能が数多く含まれており、Android開発者にとっては開発が少し楽になるはずだ。また、このリリースサイクルで2370件ものバグを修正し、275件の公開問題を解決した。

画像クレジット:Google

本日のリリースのハイライトは、新しいデータベースインスペクタと、開発者がTensorFlow LiteモデルをAndroidに導入可能にすることで、オンデバイスでの機械学習のサポートを強化した点、Android Studioの中でAndroidエミュレータを実行できるようになった点、エミュレータで折り畳み式のスマートフォン用アプリをテストできるようになった点だ。これに加えて同社は、さまざまな変更点についても説明している。

おそらく開発者の生産性を向上させる機能としては、Android StudioでAndroidエミュレータを実行できる点だろう。これは今夏に発表済みで大きな驚きではないが、アプリのテストのために異なるウィンドウやツールの間を行ったり来たりする必要がなくなるので、開発者にとってはうれしいアップデートだ。

テストといえばもう1つある。Androidエミュレータでの折り畳み式デバイスのサポートだ。こちらはまだニッチな市場だが、より多くの開発者がこれらのデバイスを実際にサポートするアプリを提供しやすくすることを目指している。

画像クレジット:Google

さらには、Android StudioのTensorFlow Liteモデルのサポートが改善され、開発者は機械学習モデルをアプリに導入できるようになった。

そのほかのアップデートとしては、グーグルのMaterial Design Componentsに準拠する新規プロジェクトダイアログのテンプレート搭載、Daggerナビゲーションのサポート、システムトレースUIの改善、アプリのパフォーマンスとメモリ使用量の最適化に役立つ新プロファイラなどがある。¥。

カテゴリー:ソフトウェア
タグ:Google、Android、Android Studio

画像クレジット:TechCrunch

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)

出典元の記事はこちら

関連記事