ログイン

共有する

ワイドテック、「WinActor」を販売開始

株式会社ワイドテックでは、NTTアドバンステクノロジ株式会社の開発したWindows用RPAソリューション「WinActor(ウィンアクター)」の販売取扱に向け、総販売代理店である株式会社NTTデータとの間で、代理店契約を締結した。

RPAは主にMicrosoft OfficeなどのオフィスアプリケーションやWebブラウザといったGUI(グラフィカル・ユーザーインターフェース)ソフトウェア上で、これまで人の手で行われてきたキー入力やマウス操作などを自動化するもので、「ソフトウェアロボット」とも呼ばれている。RPAは政府が国策として推進中の「働き方改革」の実現に向け、業務効率を飛躍的に向上させるツールとして昨今にわかに注目を集めている。

日本ではRPAが海外製品の導入により立ち上がったことから、操作用のGUIが日本語に翻訳されずに提供されているものが少なくない。しかしながらNTTの研究所で2010年に開発された国産RPAの草分けであるWinActorは、誕生当初から日本語GUIを備え、日本語のPC環境上で検証された、誰もが安心して使えるRPAである。この純国産RPAで「働き方改革」の実現を支援する。

「WinActor」の特徴
・熟練者の操作を記録し、高速で再現
・作業はシナリオ選択のみでOK
・ヒューマンエラーによる作業ミスを軽減

ワイドテックは、エンタープライズITシステムの運用管理市場に向け、サーバーやネットワーク機器を対象とした運用自動化ソリューション「POLESTAR Automation」を提供している。今回、WinActorの取扱開始により、大規模データセンターにおける運用管理から、クライアントPC上での諸作業まで、業務自動化をワンストップで幅広く提案できる体制を整えた。

ワイドテックでは、引き続きWinActorやPOLESTAR Automationなど多彩な業務自動化製品ラインナップの充実を図り、「自動化のトータル・ソリューション・プロバイダー」としての活動をさらに強化していく。

ワイドテックWinActor Webサイト: http://winactor.widetec.com

引用元:株式会社ワイドテック プレスリリース詳細へ

【本件に関する問い合わせ先】
・株式会社ワイドテック
 プロダクト事業部 WinActor営業担当
 電話:03-5829-4178 FAX:03-5829-6258 Mail:winactor@widetec.com

2017/9/29データ提供 株式会社ワイドテック

この記事にコメント

関連記事

【IoT×RPA】アジアクエストが RPAコンサルティングサービスを提供開始

【IoT×RPA】アジアクエストが RPAコンサルティングサービスを提供開始

レオパレス21、業務の自動化・効率化を行うRPAソリューションの導入開始

レオパレス21、業務の自動化・効率化を行うRPAソリューションの導入開始

国内初のクラウドRPA「BizteX cobit」サービス開始1周年

国内初のクラウドRPA「BizteX cobit」サービス開始1周年

RPA活用の先へ。デジタルレイバーとの協働によるWork Life Integrationを体験するイベント『BizRobo! LAND 2018』開催

RPA活用の先へ。デジタルレイバーとの協働によるWork Life Integrationを体験するイベント『BizRobo! LAND 2018』開催

ディープラーニング技術の活用によるOCRエンジンを開発 非定型の帳票からデータ抽出を可能にしRPAとの接続で企業の圧倒的な生産性向上を実現

ディープラーニング技術の活用によるOCRエンジンを開発 非定型の帳票からデータ抽出を可能にしRPAとの接続で企業の圧倒的な生産性向上を実現

「BizRobo! ユーザーコミュニティ」発足『第1回BizRobo! CAMP!!』開催

「BizRobo! ユーザーコミュニティ」発足『第1回BizRobo! CAMP!!』開催

RPAテクノロジーズ、クラウドワークス、パナソニック ソリューションテクノロジー RPA導入ワンストップサービス「Forge RPA」を共同開発

RPAテクノロジーズ、クラウドワークス、パナソニック ソリューションテクノロジー RPA導入ワンストップサービス「Forge RPA」を共同開発

RPAテクノロジーズ、クラウドワークス、パナソニック ソリューションテクノロジー RPA導入ワンストップサービス「Forge RPA」を共同開発

RPAテクノロジーズ、クラウドワークス、パナソニック ソリューションテクノロジー RPA導入ワンストップサービス「Forge RPA」を共同開発