ログイン

無料登録

「Blue Prism」導入専門企業「ビッグツリーRPA株式会社」設立

コンサルティングとITソリューションの卓越したプロバイダーである株式会社ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングとRPAテクノロジーズ株式会社は、合弁会社「ビッグツリーRPA株式会社」を通じ、RPAソリューション「Blue Prism」を販売するパートナーシップを結んだ。

急速な少子高齢化に伴う労働生産人口の減少に直面する中、日本企業がグローバルな競争力を強化するためには、業務コストを削減すると同時に生産性を改善する早急な収益性向上策を必要としている。日本国内の先進的な企業では、これらの課題に対する直接的な解決策として、スタッフの追加に依存する必要なく業務の生産性を高めるために「RPA」の導入を進めている。人間の作業の一部を支援、補完するRPA製品は数多くあるが、「BluePrism」RPAは、人間の作業を介在せずにロボットで作業を完結させることができる唯一のエンタープライズRPA製品として特に注目を集めている。

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングでは、単にRPAの開発・導入を実施する「RPAエンジニア」だけではなく、今まで培った様々なAIプロジェクトの知見をもとに、既存システムを含むシステム全体の最適化が可能な「RPAアーキテクト」を保有しており、これまで様々なRPAの製品の導入支援を行ってきた。また、RPAテクノロジーズは、RPAのベーステクノロジーとなる「BizRobo!」を中心に、国内100社4000体のロボットを提供してきた。この度、「BluePrism」の国内販売パートナーとして両社がタッグを組むことで、日本国内のアーキテクト・エンジニアによる「BluePrism」の導入支援を行い、日本国内での更なる普及を支援すると共に、導入企業の業務効率化や職場環境の改善に貢献していく。

Blue Prismについて
パソコン上で個別に動くスクリプトのような個別のソフトウェアロボットとは異なり、ビジネス上のメリットを享受できるようにビジネス部門がロボットが動く業務を定義したり、変更したりすることが容易にできるエンタープライズRPA製品。これにより、ビジネス部門は業務効率化、コンプライアンス順守、需要への対応、ロボットが蓄積したデータ分析、ナレッジ蓄積等を行うことができる。また、IT部門は、ロボットが既存のソフトウェアを扱えるようにインタフェースを開発することに専念でき、人間の作業を完全に代替することをサポートする。エンタープライズRPA製品として、クラウド上でのスケーラビリティ、規制やコンプライアンスへの対応、強固なセキュリティ、障害発生時の回復等を備えており、新しいサービスへの対応やビジネスの変化にも、迅速に安全に対応することができる。

ビッグツリーRPA株式会社概要
URL :http://www.btcrpa.com/
所在地 :東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル13F
代表者 :代表取締役 内海 利次
事業内容:エンタープライズRPA製品「Blue Prism」のコンサルティング/導入/サポート

引用元:PRTIMES プレスリリース詳細へ

■株式会社ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングについて
所在地 :東京都港区麻布台2-3-5 ノアビル3階
設 立 :2002年2月
資本金 :8,800万円
代表者 :代表取締役 杉山 健
事業内容:ソフトウェア開発、ソフトウェア開発のコンサルティング、人材調達サービス
URL :http://www.bigtreetc.com/

■RPAテクノロジーズ株式会社について
所在地 :東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル13F
設 立 :2013年7月
資本金 :3000万円
代表者 :代表取締役社長 大角 暢之
事業内容:コンピュータ、その周辺機器およびそのソフトウェアの開発、設計、製造、販売ならびに輸
     出入業務/情報処理サービス業および、コンサルタント業務/情報提供サービス業/マーケテ
     ィングリサーチおよび各種情報の収集分析
URL :http://rpa-technologies.com/

2017/7/3データ提供 PRTIMES

この記事にコメント

ログインしてすべてのコメントを見る
無料会員登録する

よく読まれている記事

人工知能時代に人間が生み出せる価値とは ホロス未来会議2050発起人・服部桂氏に聞く

人工知能時代に人間が生み出せる価値とは ホロス未来会議2050発起人・服部桂氏に聞く

「RPAは収益を生み出すエンジン」 住友林業情報システムのRPA活用方法とは

「RPAは収益を生み出すエンジン」 住友林業情報システムのRPA活用方法とは

ロボットとの協働を前提とした組織形成が重要 元人工知能学会会長・松原仁氏に聞く

ロボットとの協働を前提とした組織形成が重要 元人工知能学会会長・松原仁氏に聞く

「人口7,000万人の日本」が見出すAIとの協働モデル   元Google本社副社長・村上憲郎氏に聞く 【後編】

「人口7,000万人の日本」が見出すAIとの協働モデル   元Google本社副社長・村上憲郎氏に聞く 【後編】

“働く義務”から“働く権利”へ 元Google本社副社長・村上憲郎氏に聞く 【前編】

“働く義務”から“働く権利”へ 元Google本社副社長・村上憲郎氏に聞く 【前編】

RPA推進に今必要なのは「プロセスアナリスト 」

RPA推進に今必要なのは「プロセスアナリスト 」

銀行窓販の事務を支える「ロボ美ちゃん」―日本生命のRPA

銀行窓販の事務を支える「ロボ美ちゃん」―日本生命のRPA

ソフトバンクが目指すAI×RPAを活用した未来の働き方

ソフトバンクが目指すAI×RPAを活用した未来の働き方