ログイン

共有する

エン・ジャパンがロボットを活用した採用業務代行を開始

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社は、2017年6月24日より国内No.1のRPA カンパニーであるRPAテクノロジーズ株式会社と提携し、業務自動化支援ロボット「BizRobo! (ビズロボ)」を用いた採用業務代行サービスを開始した。

RPAやAIによる知識労働の自動化は、2025年にはグローバル市場規模で5兆ドル(※)を超えると成長が予測される注目度の高いマーケットである。特に少子高齢化が急速に進み、労働人口が減少する日本では人手不足を補い、生産性を向上する取り組みとして期待が寄せられている。

エン・ジャパンは、これまで正社員や派遣社員の採用・教育の分野で人手不足解消のサポートを行なってきた。業務自動化支援ロボットを用いた採用業務代行をサービス内容に加えることで、人手不足により採用活動に手が回っていない企業の採用業務のスリム化を実現。企業は削減したマンパワーをより創造性が求められる業務にあてることで生産性向上を可能にする。

引用元:エン・ジャパン株式会社 プレスリリース詳細へ 【PDF】はこちら

2017/6/26データ提供 エン・ジャパン株式会社

この記事にコメント

関連記事

【IoT×RPA】アジアクエストが RPAコンサルティングサービスを提供開始

【IoT×RPA】アジアクエストが RPAコンサルティングサービスを提供開始

レオパレス21、業務の自動化・効率化を行うRPAソリューションの導入開始

レオパレス21、業務の自動化・効率化を行うRPAソリューションの導入開始

国内初のクラウドRPA「BizteX cobit」サービス開始1周年

国内初のクラウドRPA「BizteX cobit」サービス開始1周年

RPA活用の先へ。デジタルレイバーとの協働によるWork Life Integrationを体験するイベント『BizRobo! LAND 2018』開催

RPA活用の先へ。デジタルレイバーとの協働によるWork Life Integrationを体験するイベント『BizRobo! LAND 2018』開催

ディープラーニング技術の活用によるOCRエンジンを開発 非定型の帳票からデータ抽出を可能にしRPAとの接続で企業の圧倒的な生産性向上を実現

ディープラーニング技術の活用によるOCRエンジンを開発 非定型の帳票からデータ抽出を可能にしRPAとの接続で企業の圧倒的な生産性向上を実現

「BizRobo! ユーザーコミュニティ」発足『第1回BizRobo! CAMP!!』開催

「BizRobo! ユーザーコミュニティ」発足『第1回BizRobo! CAMP!!』開催

RPAテクノロジーズ、クラウドワークス、パナソニック ソリューションテクノロジー RPA導入ワンストップサービス「Forge RPA」を共同開発

RPAテクノロジーズ、クラウドワークス、パナソニック ソリューションテクノロジー RPA導入ワンストップサービス「Forge RPA」を共同開発

RPAテクノロジーズ、クラウドワークス、パナソニック ソリューションテクノロジー RPA導入ワンストップサービス「Forge RPA」を共同開発

RPAテクノロジーズ、クラウドワークス、パナソニック ソリューションテクノロジー RPA導入ワンストップサービス「Forge RPA」を共同開発