• TOP
  • ニュース・トレンド
  • オートメーション・エニウェア、統合プロセス ディスカバリー ソリューションを提供開始

共有する

オートメーション・エニウェア、統合プロセス ディスカバリー ソリューションを提供開始

オートメーションエニウェアオートメーション・エニウェア

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社は、従業員が業務アプリケーション上で行っている作業プロセス全体をAIで分析し、RPAによる自動化に最適なプロセスを特定して開発を支援する新テクノロジー「Automation Anywhere Discovery Bot」(以下、Discovery Bot)を8月19日(水)より発売した。Discovery Botはオートメーション・エニウェアのパッケージ製品「Digital Workforce Starter Pack」と「Enterprise Pack」に同梱される他、追加で購入することも可能である。

Discovery Bot は、業務プロセスを改善するための定義や分析に利用される、プロセス ディスカバリーと呼ばれる手法を基に開発されている。そしてAIと機械学習を活用して、複数の業務アプリケーションを使用しながら行うプロセス全体をレコード(記録)し、繰り返し行われるプロセスのパターンを検出して分析する。そして自動化で最大の効果を得られるプロセスを特定し、ROIの高さで優先順位を付けながら、自動化するソフトウェア Bot のひな形を提案する。これによりBot開発の工数を削減して自動化を効率的に行えるようにするとのこと。

また、本年後半には機能を追加し、上記の分析で特定されたプロセス全体を、最適なステップで自動化するBotを生成できるようになる予定とのこと。これにより、業務プロセス全体を自動化するまでの準備時間を早めることができる。

「Discovery Bot」の自動化ステップ

オートメーション・エニウェアが先ごろ行った調査では、自動化できるにもかかわらず手作業で行われている反復業務の約 8 割は、自動化の対象として認識されていないことが分かった。また、担当者による聞き取りで自動化するプロセスを特定するやり方では、自動化実施まで時間がかかり、ROIも不明確である点が課題となることも分かった。

これに対して Discovery Bot は、当社のクラウドネイティブなインテリジェント オートメーション プラットフォーム「Automation Anywhere Enterprise A2019」上で稼働し、RPA、AI、機械学習のテクノロジーを活用しながら、自動化の効果が高い業務プロセスを特定し、実行するまでの期間を短縮できる。また、クライアントにインストールが不要で社内のどの部門でも利用することができるので、事業部門のユーザー、IT部門、Bot開発者がWebベースの同じインターフェースでコラボレーションしながら、自動化する業務プロセスの特定にかける時間を短縮することができるとのこと。

提供元:オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社 プレスリリース詳細

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事