共有する

シー・システム、奉行シリーズとRPAツールがIT導入補助金2020の対象ツールに採択

シーシステムシー・システム

RPAのサービスを積極的に展開しているシー・システム株式会社は、2020年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業(以下、IT導入補助金2020)におけるIT導入支援事業者に認定された。
更に、奉行シリーズとRPAツール(Automation Anywhere、SynchRoid)がIT導入補助金2020の対象ITツールとして採択された。奉行シリーズと共にRPAツールの普及を通して、コロナ禍における顧客のバックオフィス業務の生産性向上や業務効率化を支援するとのこと。また、オンラインの支援体制により全国対応を開始する。

IT導入補助金について

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者を対象とした、ITツールの導入に活用できる補助金制度である。
・費用の3/4~1/2、最大450万円の補助金が受けられる。
・補助の対象となる事業はメーカー、サービス業など多種多様。
・2020年度は新型コロナ感染症の影響を受け、サプライチェーンの毀損への対応、非対面型ビジネスモデルへの転換、テレワーク環境の整備等に取り組む事業者の特別枠(C類型)がある。

お客様メリット

中小企業・小規模事業者へのRPA活用を推進するシー・システムでは、RPAを導入したいが費用対効果や予算面の課題で導入に踏み切れないとの声を多く聞いてきた。中小企業・小規模事業者のバックオフィスとして広く利用されている奉行シリーズと共にRPAツールを導入する場合、IT導入補助金の活用を行い実際の購入金額よりも最大1/4の費用で導入が可能となる。

補助金活用事例

・奉行シリーズとAutomation Anywhere Enterprise A2019導入事例

補助金活用事例

※奉行シリーズ
 ・奉行クラウドEdge勤怠クラウド初期費用
 ・奉行クラウドEdge勤怠クラウド 200ライセンス1年間
 ・訪問指導関連費(プログラムセットアップ、操作指導等)
※RPAツール
 ・Automation Anywhere Enterprise A2019 1ライセンス1年間
 ・導入支援サービス(初期設定、ハンズオンセミナー、費用対効果の算出、質問し放題サービス)
 ・質問し放題サービス 1年間
※質問し放題サービスについては下記リンク内に記載

ITツールと申請金額の内容によって、「下限30万円、上限150万円未満」 か「下限150万円以上、上限450万円」のいずれかの補助金額が適用される。

補助金対象

奉行シリーズと共にRPA導入を検討される中小企業・小規模事業者が対象となる。
条件を満たし、審査で採択された事業者には導入費用の最大4分の3相当の金額が、補助金として交付される。

※購入した後に補助金が交付される。
※IT補助金採択審査の結果、不採択になる場合もあり。
シー・システムは、IT導入支援事業者として、顧客がIT導入補助金を利用する上で利用方法や手続きに関するサポートをする。

提供元:シー・システム株式会社 プレスリリース詳細

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事