共有する

Peaceful Morning、神奈川県内中小企業のDXへ。ミナルキとRPA事業で業務提携。

中小企業向けバックオフィス改善・RPA導入コンサルティングを展開する株式会社ミナルキと、オンラインに特化したRPAサポートサービス「Robo Runner(ロボランナー)」を提供するPeaceful Morning株式会社はRPAビジネスにおいて事業提携した。

ミナルキとpeacefulmorning

事業提携の内容

ミナルキは、バックオフィスの課題をITで改善するアドバイザリーとして、主に神奈川県内の中小企業に特化し、バックオフィス改善・RPA導入コンサルティングを展開している。 業務プロセスの改善、業務自動化、補助金、助成金の活用等、中小企業のシステム担当として、IT戦略や社内の業務効率化を支援している。

Peaceful Morningは、RPAエンジニアのプラットフォーム事業を展開し、現在RPAエンジニアの登録数は400人超を誇る。また、2020年5月にサービスを開始した、オンラインのWebミーティング、チャットを通じてRPA導入企業担当者の開発・保守をサポートする「Robo Runner」を提供している。地元の神奈川県横浜市においては、中小企業向けへのRPAの普及のため、自主開催セミナーを重ねてきた。

この度、ミナルキが「Robo Runner」の販売パートナーとなる提携を行った。業務ヒアリングからRPA導入コンサルティングをミナルキが、導入後の研修や運用段階での開発・保守サポートをPeaceful Morningが担うことで、中小企業のRPA導入に一気通貫で対応することが可能となる。両社がタッグを組むことで、神奈川県内の中小企業の業務改善に貢献していくとのこと。

Robo Runnerとは

Robo Runner

キーマンズネットのRPAの導入状況(2019年)調査によると、RPAトライアル時にどのような障壁があったかについて、「RPAロボットの開発スキルを持った人がいない」という回答が全体の61.1%ともっとも多くなっている。
ニューノーマル時代において自動化の重要性が高まる中で、RPAの活用が首都圏だけでなく日本全国に拡がっている。
今後、日本全国でRPAによる自動化を進めていくためには、「RPAの開発スキル」が障壁になる可能性が高く、開発スキルをアップさせる取り組みが重要となってくる。

Robo Runnerでは2,000体以上のロボット開発実績を誇るRobo RunnerサポーターがRPAの開発・保守をオンラインでサポートする。月額50,000円からのリーズナブルな価格でチャット、Webミーティングを通じた完全オンラインでの伴走支援を行うことで、日本全国のRPA導入企業のサポートをしていくとのこと。

共催Webセミナーのお知らせ

今回、事業提携にあたり、ミナルキ、Peaceful Morning共催でWebセミナーを開催する。

共催Webセミナーのおしらせ

<開催概要>

日時:2020年9月3日(木)16:00~17:00
テーマ:「経営者の為のIT改革 はじめの一歩 ~DX、RPA、ローコード 伸びる企業の経営者は、分からないでは済まされない~」

対象:以下のことにお悩みの経営者、業務改革推進担当者
・ITよる改革を考えているが、何から初めて良いか分からない。
・RPA、DX、ローコード、スクラッチなど、言葉は聞くけど意味が分からない。
・話題のRPAを導入してみたが、活用出来ていない。

プログラム:
・オフィス内の面倒な作業を把握できていますか?
・まず意味を知りたい。DX(デジタルトランスフォーメーション)、RPA、ローコード開発
・事例紹介
・質疑応答
・ミナルキ ITアドバイザリーとは
・RPAオンラインサポート「Robo Runner」とは

提供元:PRTIMES プレスリリース詳細

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事