• TOP
  • ニュース・トレンド
  • ミツイワ、RPAを活用した業務改善のノウハウをサービス化「Rp-Axis(楽シス)」提供開始

共有する

ミツイワ、RPAを活用した業務改善のノウハウをサービス化「Rp-Axis(楽シス)」提供開始

~ミツイワが自ら取り組み、実際に高い成果を上げたノウハウを提供~

ミツイワ株式会社は、RPAを有効活用して業務改善を成功させる「コツ」をメソッド化したサービス「Rp-Axis(楽シス)」の提供を開始した。本サービスは「RPAを導入したけれど思ったような成果を上げられなかった」、「RPAをどうやって業務の全体最適化につなげればいいかわからない」等の顧客の声を受け、ミツイワ社内で実践し高い成果を上げたRPAの活用方法とその手法をサブスクリプション・サービスとして提供するもの。

Rp-Axis(楽シス)

サービスの概要

RPAの社内導入を、シンプルかつスムーズに推進するための取り組み方(メソッド)。これからRPAを導入する場合はもちろん、以前に導入したものの思ったように活用できず社内で放置されているような場合でも、この「Rp-Axis」を導入することで、より効果的にRPAを運用することができるとのこと。

Rp-Axis(楽シス)_2

特長

・シンプル……要件の洗い出しから運用までの手順を、よりシンプルにすることで無理なく継続できるRPAを実現。
・可視化……専用ツールにより要件の洗い出しやロボットの働きを一元的に管理し、RPAの実績を可視化。
・統制……RPA推進部門が主体となり、要件や構築の優先順位を決定するため、統制のとれた推進を実現。

専用ツール

「Rp-Axis」はクラウドサービスとして提供される「フロークリエイター」と「RPAポータル」の2つの専用ツールで構成される。インターネットに接続できる環境を用意するだけで、利用するPCの環境に関わらず社内におけるRPA活用の拡大・推進を図れる。

フロークリエイター

「フロークリエイター」は、RPA化する業務のフローチャートの作成を支援する。マウスを使った簡単な操作だけで、現場の担当者が誰でも簡単にフローチャートを作成できるので、情報システム部の担当者がRPA化する業務についての細かなヒアリングを実施する必要がない。また、完成したフローチャートはそのまま業務の手順書として活用可能なので、引継ぎの時などにあらためて手順書を作成するといった手間も省ける。

RPAポータル

「RPAポータル」は、社内で稼働している全てのRPAを可視化し一元管理できるお客様専用のポータルサイト。RPAの稼働状況とその効果を社内に向けて公開することで、実際にRPA化されている業務の種類や工数の削減効果を共有できるので、すべての従業員がオフィスにおける業務の効率化を実感できるという。また、現場が自由に作成したいわゆる「野良ロボット」が蔓延することを防止することができる。

提供元:ミツイワ株式会社 プレスリリース詳細

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事