共有する

SB C&S、AI-OCRとRPAを活用「経費申請Auto Operator」経費精算BPOサービスの生産性を向上

~新型コロナウイルス感染症対策下での企業の事務負担軽減需要に対応~

SB C&SSB C&S

SB C&S株式会社は、経費精算BPOサービスを支援する法人向けプラットフォーム「経費申請 Auto Operator」の提供を、2020年8月5日から開始した。「経費申請 Auto Operator」は、経費精算申請業務における領収書データの入力を自動化するために、AI-OCRとRPAを連携させる管理プラットフォーム。AI-OCRで画像処理し、テキストデータ化した領収書データを経費精算システムへRPAで自動入力することが可能になる。「経費申請 Auto Operator」の導入により、申請代行のBPO業務において、従来の労働集約型と比較してコスト及び要員数とも大幅削減を実現するとのこと。

申請代行BPOサービス

従来BPO 新BPO

企業の経理管理業務において、業務の効率化や生産性、特に最近では新型コロナウイルス感染症拡大の影響でテレワークを利用した柔軟な働き方が進む中、BPO導入による業務効率化の推進、テレワーク実施率向上のニーズが高まっている。このようなニーズに対しSB C&Sは、経費精算システムを導入している企業に、経費精算過程における領収書の電子化、システムへの入力代行や確認、承認といった一連のノンコア業務をアウトソーシングとして受け入れるBPOサービスを提供し、企業の生産性の向上を支援している。 

取り組み事例

ヘルスケアフードサービス業界のリーディングカンパニーである日清医療食品株式会社は「経費申請 Auto Operator」を活用した申請代行BPOサービスをローンチカスタマーとして導入し、全国事業所で発生している立替経費申請業務の時間を大幅に削減。また、証憑受領・スキャン・入力など、紙の取り扱いに関する業務をBPOで電子化して処理するため、昨今のコロナ禍においても経費精算業務を安定運用でき、結果としてテレワーク実施率の向上にもつながっているとのこと。

日清医療食品株式会社 常務取締役 村田 宝志氏からのエンドースメント

日清医療食品では、全国の事業所で約4万8,000人の社員が働いていますが、1日130万食を提供する中で発生する社員の立替経費については、紙の証憑(領収書)を伴う精算申請に係る手作業が負担となっていました。現場の事務負担を軽減する全社挙げてのプロジェクトのタイミングにSB C&S株式会社からのご提案を受け、経費精算クラウドシステムを利用した申請代行というBPOサービスを導入いたしました。消費税に軽減税率が導入され複数税率となった中での勘定処理、キャッシュレスポイントなどの制度対応にも高い精度でご対応いただいています。コロナ禍の環境でテレワークの可能性、紙の資料を削減するスペースコスト節減の可能性を示していただいているという点でも、間接業務のイノベーションともいえるサービスに更なる期待をしているところです。

提供元:SB C&S プレスリリース詳細

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事