共有する

UiPath社、AIとRPAを組み合わせた新製品群でAIの民主化を加速

UiPathUiPath

UiPath株式会社は、AI(人工知能)とRPAを組み合わせてエンドツーエンドの自動化を実現する新製品群を販売開始した。

新製品群は、UiPath社が提供するRPAプラットフォーム「UiPath」上で、各種AIの機能を展開していくものである。「UiPath AI Fabric」は、AIを組み込んだ業務自動化を行うための各種AIモデルを運用管理するためのプラットフォームである。UiPath AI Fabricを活用することで、自社で開発したAIモデルや既存のAIベンダーが作ったAIモデルを、業務自動化のワークフローにすぐに組み込み、UiPath上で活用することが可能になる。さらに、これらのAI×RPAによる自動化プロセスに、人間による承認や審査プロセスを「UiPath Action Center」によって、追加して利用することもできる。また、UiPathプラットフォーム上で帳票データの読み取り機能を備えた「UiPath Document Understanding」もあわせて販売開始する。

ここ数年、企業においてAIをどのように活用していくかが、大きな関心事となっている。企業におけるAI活用には、労働力不足の解消、従業員の生産性向上、顧客満足度の向上、人材配置の最適化など、さまざまなメリットが語られる一方、課題も山積している。たとえば、データサイエンティストのようなAIスキルを持つ人材の不足、部署やプロジェクト単位での利用にとどまって企業全体での取組みができていないこと、改善にむけた継続的な取組みが難しいことなどにより、AI活用のメリットを十分に得られていない企業が多いのが実状である。

UiPath社は、ハイパーオートメーションを推進し、RPAによる企業の働き方改革を支援している。UiPath社では、このハイパーオートメーションに、AIや機械学習を組み合わせて、すぐに自動化プロセスに組み込める製品群として、本日新製品群を販売開始した。

UiPath AI Fabric

適材適所なAIモデルがすぐにUiPath上で利用可能、継続的な改善を通じてAIモデルの精度向上にも寄与

AI Fabricは、AIモデルの運用・管理プラットフォームである。UiPath AI FabricとUiPath Studio、 UiPath Robotsを組み合わせることで、簡単にドラッグ&ドロップでAIをワークフローに組み入れることが可能となる。

具体的には、画像分析もしくは自然言語処理などのAIモデルを活用して自動化を図りたい場合、UiPath AI Fabric上で該当のAIモデルを展開すると、UiPath Studioのワークフローに簡単に組み入れることができる。これによって、カスタマーサポートに届いた問い合わせのメールを自動的に各部署に振り分けるという仕組みもすぐに実現できる。

UiPath AI Fabricには、多様なAIモデルを組み入れることが可能で、自社で開発したAIモデル、Out-of-the-box(すぐに使えるパッケージ)AIモデル、オープンソースやGoogleなどのモデルもRPA上に組み込むことができる。UiPath AI Fabricを活用することにより、データサイエンティストは、AIモデル作成のための継続的なサンプルデータ収集が容易になり、精度の高いAIモデルの作成が可能となる。また、RPA開発者は、AIモデルを利用した複雑な自動化処理を簡単に開発することが可能になる。UiPath AI Fabricは、クラウド環境およびオンプレミス環境の両方で利用できる。

UiPath AI Fabricの活用イメージUiPath AI Fabricの活用イメージ

UiPath Action Center

自動化プロセスに人間を介したチェックや承認作業を挟むことで、現場の運用に即したプロセス改善を図ることが可能

UiPath Action Centerは、ロボットによるジョブの実行中に、人間のチェックや承認業務を介在させる「Human in the Loop」を実現するソリューションである。UiPath Action Centerを使うことで、人間による確認・修正・承認が必要で自動化の難易度が高い業務であっても、一連のフローを自動化することが可能になる。例えば、助成金などの申請書類の処理業務において、申請書をOCRで読み取った結果に対し、Action Centerで特定のメンバーをアサインし、添付書類の不足や記載情報の不一致がないかなど、人間による確認後、審査が完了したものだけを後続処理することができる。このように、ロボットだけでは対応が難しい業務でも、UiPath Action Centerによってエンドツーエンドの自動化が可能になる。

UiPath Action Center活用のイメージ

UiPath Document Understanding

UiPathにネイテイブに搭載された本機能を使うことで、書類の読み取りを簡単に実現

UiPath Document Understandingは、紙の文書やPDFなどを読み取りするためのソリューションで、UiPath AI Fabric上のサービスの1つである。UiPath Document Understandingにより、UiPathプラットフォーム上で簡単に定型フォーマットの帳票データを読み取り、電子テキスト化し、システム入力や転記などがすぐに実行可能になる。また、他社のAI-OCRソリューションと組み合わせて使うことも可能である。

UiPath社では、これまでもRPAと各種AIの機能を組み合わせることで自動化の領域を広げる試みを行ってきた。昨年2019年7月には100社の概念実証(PoC)を無償で支援することを発表し、現在AI-OCR、チャットボット、機械学習、プロセスマイニングとの連携など、2020年10月から2020年2月までの5カ月間で、72社のPoCを完了もしくは手掛けている。AIテクノロジーベンダー各社との協業も積極的に進めており、企業向けマーケットプレイス「UiPath Connect」上から無料でダウンロード可能な各種連携ソリューションも提供してきた。

また、「AIを用いた社会課題解決を通じて、幸せな社会を実現する」というミッションのもと、介護・医療・HR・ロボット・金融などさまざまな領域でAIプロダクトの開発と実用化に取り組む、株式会社エクサウィザーズとも新たにテクノロジーパートナー契約を締結した。今後、同社と協働し、AI×RPAのソリューションを順次展開していく予定とのこと。

提供元:UiPath株式会社 プレスリリース詳細

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事