共有する

KPMGコンサルティング、 RPAクイック診断の提供を開始

KPMGコンサルティング株式会社は、RPAの導入を実施している企業を対象に、KPMGのベストプラクティスに基づき企業のRPA推進アプローチの診断、改善策を織り込んだロードマップの策定をフルリモートワーク下により4週間で実施する。

現在多くの企業がRPAを活用した業務自動化に取り組んでおり、大きな効果を創出している企業もある。しかし一方で、「期待していたほど効果が出ない」、「AI(人工知能)やOCR(光学文字認識)を併用して業務の効率化を図りたいがどう使えばよいか分からない」といった、ROI(投資対効果)や自動化範囲拡大について課題を抱えている企業が少なくない。今後は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を契機に、企業経営における業務自動化の重要度は益々高まり、さらに厳格なROI管理とリモートワーク下での推進が必要になると想定される。

KPMGコンサルティングは、既にRPAの導入を実施している企業を対象に、さらなる業務自動化の加速、ROI改善を目的として、RPA推進アプローチを診断し、改善策を織り込んだロードマップの策定を全4週間で実施する。本サービスは、国内だけで数百にわたるプロジェクト実績を体系化したベストプラクティスであるTOM(Target Operating Model)を活用して診断し、リモートワーク体制下での支援が可能となる。

本診断を実施することにより、業務自動化にかかるROIを改善し、リモートワーク下でも業務自動化を推進するための施策を立案することが可能となる。さらに、施策の優先順位と時間軸を考慮したロードマップを策定することによって、生産性向上や高付加価値業務へのシフトを実現する道のりを明らかにし、自社におけるさらなる業務効率化の推進を支援する。

KPMGコンサルティングは、ビジネスプロセスを中心にそれらを実行する人や社内外のシステム・データ等をプラットフォームで連携することにより、各種ツールやシステムで自動化された業務が連続性を保ち、多岐にわたる業務プロセスを統合管理するインテリジェントオートメーション(IA)により、攻めの業務効率化と守りのコンプライアンス向上の両立に加え、継続改善を仕組み化することを目指している。RPAやAIがIAの実現に重要な要素であることから、本診断を通してRPAやAIの導入状況を明確化し、生産性向上や高付加価値業務へのシフトにより企業のビジネス活動の活性化を支援していくとのこと。

KPMGコンサルティングが提唱するIAの全体像

引用元:@Press プレスリリース詳細へ

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事