共有する

NTT-AT、DX時代の業務自動化ソリューションを考察するホワイトペーパーを公開

NTT-AT

NTTアドバンステクノロジ株式会社(以下:NTT-AT)は、クラウド型RPAサービス「WinActor® Cast on Call」の公式サイトにて、ホワイトペーパー「時代の変化に対応するための、まったく新しい業務自動化ソリューションとは」を公開した。ホワイトペーパーは無料でダウンロードできる。

ホワイトペーパーの要約

COVID-19は全世界の人々の働き方を変え、企業もこの状況に迅速に対応していくことが求められている。これからの企業活動では、世の中の変化を察知し、あるいはビジネス環境の変化を先取りしてその変化にいち早く順応し、常に変革を繰り返し続けることが必要となる。

企業が変化に向き合いながら試行錯誤を続けることは、「事業のDX(Digital Transformation)」を実施することと同義となる。DXを実施するにあたり、日本の多くの企業はレガシーシステムからの脱却に足踏みしながらも、RPAなどの業務自動化ソリューションを導入する企業は増加している。しかし、人員リソース不足などの課題により、導入が予定どおりに進まないケースがしばしば見受けられるという。

この資料では、
・これからの企業活動になぜDXが必要なのか
・あらゆる企業がDXを実現するためのソリューションとは何か
・WinActor® Cast on Callは既存RPAと何が異なるのか
について、詳しく説明している。

WinActor® Cast on Callとは

WinActor® Cast on Callは、NTT-ATが提供する、あらかじめクラウド上に登録された既製シナリオを、選んで使うだけで業務自動化が実現できるクラウド型RPAサービスである。
顧客はシナリオ開発の手間と導入費用をかけることなく、「定期代チェック」「PDFファイルの一括作成」などの汎用的なシナリオ群や特定業務向けのシナリオ等、自分の業務にマッチしたシナリオを選んで実行できる。また、シナリオ利用回数に応じた料金設定(従量課金制)のため、予算に応じて柔軟に運用することができる。

提供元:PRTIMES プレスリリース詳細

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事