共有する

エネルギア・コミュニケーションズ、TACTとエネコムがAI・RPA領域で提携

USEN-NEXT GROUPの株式会社 TACTと、株式会社エネルギア・コミュニケーションズ(以下、エネコム)は、7月15日に提携し、TACTが開発した音声認識による電話の自動音声応答サービス「AIコンシェルジュ®」の活用によるコロナ時代における新たなコールセンターの在り方を提案する。

背景

RPA導入によるオフィスの定型業務における自動化が進む中、コロナ時代でのDXにおいては、人間による判断や予想が必要とされる業務の自動化も求められている。そのため、独自の優れた通信技術を活かしてRPAソリューションサービスを提供するエネコムと業務提携をした。
協業の第一歩として、両社は、「AIコンシェルジュ®」とRPAソリューションサービス「エネロボ」の融合によるコールセンター業務の自動化を提案していくとのこと。

「AIコンシェルジュ®」の特徴

AIを活用した問い合わせ対応や受付業務の自動化により、人とAIのハイブリッド運用でコールセンターをはじめとする電話業務の効率化・コスト削減をサポートする。また、コールセンター業務に限らず、コロナ時代におけるBCP対策としての活用が期待されている。

<機能概要>
・音声認識:電話で入ってきたお客さまの声をテキスト化する。
・AI対話:顧客の問い合わせの意図を解釈し、最適な回答を抽出する。
・音声合成:抽出した回答を文字から音声にして返す。
・システム連携:API連携などで基幹システム(データベース)との連携が可能である。
・SMS送信:受付完了メールや、お問い合わせフォームのURLなどのSMSを送信することができる。
・オペレーターへ転送:人での対応が必要な場合、オペレーターに電話を転送することが可能である。
・履歴確認:発話内容は音声とテキストで保存可能で、履歴は専用画面から閲覧できる。
・プッシュ操作:音声認識に加えダイヤルプッシュを併用することも可能である。内容に合わせ使い分けもできる。

「AIコンシェルジュ®」の利用イメージ

顧客からの電話による問い合わせに対し、自動応答を行う。顧客の発する言葉を音声認識し、辞書やFAQデータと連携して適切な回答を抽出したのち、音声合成で回答する。さらに、チャットによる問い合わせにも自動応答を行う。

AIコンシェルジュの利用イメージ

提供元:株式会社エネルギア・コミュニケーションズ プレスリリース詳細

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事