ログイン

共有する

ITRがRPA市場規模推移および予測を発表

独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アールは、国内のRPA市場規模推移および予測を発表した。

RPAは、繰り返しの多い定型業務の高速化や人為ミスの削減、人手不足の解消などの効果が期待されている。2010年代半ば以降、金融・保険業など一部の業種で採用が進んでいたが、近年、働き方改革に対する関心の高まりや参入ベンダーの拡大、IT知識の乏しい現場スタッフでも利用できるロボット開発環境の登場などにより、導入意欲は他業種でも急速に高まっている。今後はAIシステムとの連携が進み、より高度な自動化が実現されることが見込まれている。

2016年度の売上金額は8億円、前年度比4倍増と急速な伸びを示した。2017年度も同2.5倍増と引き続き高い伸びを予測している。また、2018年度には2016年度の5倍強となる44億円、2021年度には同10倍強となる82億円と、今後も継続的な伸びが見込まれることから、CAGR(2016~2021年度)は59.3%を予測している。

ITRの取締役/シニア・アナリストである舘野真人氏は、「かつては一部の定型業務に限って利用されてきたRPAだが、労働人口の減少、働き方改革やAIの活用に対する関心の高まりなどにより、多様な業種・業態で導入が検討されるようになった。とりわけ2017年度に入ってからは、製品の選択肢が拡大したことで、試験導入に踏み切る企業が急増している。今後、先行導入企業の成果が広く知られるようになれば、導入意欲はさらに増進する可能性がある。企業の導入推進者は、RPAに適した業務の抽出に取り組む一方、将来の大規模導入に備えたガバナンスや管理の枠組みを構想することが求められる」とコメントしている。

■本調査結果の概要
同レポートは、AI/RPA市場の全5分野を対象に、国内40ベンダーへの調査に基づいた2015~2016年度売上げ実績および2021年度までの売上げ予測を掲載している。詳細はこちら

引用元:株式会社アイ・ティ・アール プレスリリース詳細へ

2017/10/5データ提供 株式会社アイ・ティ・アール

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事

日本初!RPAでプレスリリース記事を自動作成 記事作成時間の8割削減を実現

日本初!RPAでプレスリリース記事を自動作成 記事作成時間の8割削減…

MAIA×aiforce solutionsによる「AI女子」育成 AIスキルを身に着けた女性ビジネスプロデューサーの育成プログラム「AIラーニング」

MAIA×aiforce solutionsによる「AI女子」育成 AIスキルを身に着けた女…

日本全国のBizRobo!ファミリー、サポーターの皆様と共に「BizRobo!」利用企業社数1,000社に到達!

日本全国のBizRobo!ファミリー、サポーターの皆様と共に「BizRobo!」…

ACALLがNTTコムウェアのエンタープライズ向けクラウドPBX 「SmartCloud Phone」と連携開始

ACALLがNTTコムウェアのエンタープライズ向けクラウドPBX 「SmartClou…

飲食店におけるヒト×RPA具現化に向けAI活用へ

飲食店におけるヒト×RPA具現化に向けAI活用へ

1月より『RPA実務担当者が教える初級UiPath開発ハンズオントレーニング』が定期開催

1月より『RPA実務担当者が教える初級UiPath開発ハンズオントレーニン…

アビーム、アジア市場向けにRPAクラウドサービスの提供を開始

アビーム、アジア市場向けにRPAクラウドサービスの提供を開始

音声感情解析AIのEmpathとコールセンターBPOのTMJが事業提携

音声感情解析AIのEmpathとコールセンターBPOのTMJが事業提携