• TOP
  • ニュース・トレンド
  • オープンハウス、AI・RPAを活用した業界初のオンラインチラシ全自動作成システムを開発

共有する

オープンハウス、AI・RPAを活用した業界初のオンラインチラシ全自動作成システムを開発

オープンハウスオープンハウス

「好立地、ぞくぞく。」をスローガンに掲げ、東京、名古屋、福岡を中心に不動産業を展開する株式会社オープンハウスは、AIとPRAを掛け合わせた業界初となる物件チラシ全自動作成システムを開発し、7月8日(水)より運用を開始する。本システムを活用することで顧客に非接触で物件の案内ができるようになる。また、これまで営業が手作業で作成していたチラシを完全自動化することで、作成業務を年間約2880時間、広告審査時間を約900時間削減することができ、また、リモートワークも可能にするため、働き方改革にも寄与するとのこと。

非接触での案内

オープンハウスでは、これまで、AI・RPAを活用した先進的なシステムを自社内で開発することで、業務改革を推し進めてきた。紙の物件チラシを渡す接客が根強い不動産業界において、タブレットデバイス等も活用したデジタルチラシによる非接触接客を可能にすることで、withコロナ時代でも顧客に安心して家探しをしてもらいたいという想いから、本システムを開発したという。

本システムでは、音声やテキストチャット等によりロボットに該当物件名を伝えることで、RPAでチラシ作成に必要な情報をロボットが自動で社内システムから収集した後、AIが物件チラシを自動で作成し約2~3分でチャットやメールに返信される。
広告審査も僅かな操作でオンラインにて完結されるため、チラシの作成から審査までの過程において、出社せずに自宅等からのリモートワークでも対応可能となる。承認されたチラシデータには自動でQRコードが発行され、QRコードを読み込むと、顧客のスマートフォンからチラシの内容を確認することができるため、顧客は店舗や街頭の紙チラシ又はタブレットデバイス等を通じて非接触で家探しをすることができるようになる。これまでは、営業が顧客のニーズに合わせて物件のアピールポイントを変えてチラシを作成していたが、本システムでは、「立地」「価格」「間取り」「学区」など、顧客におすすめする強調ポイントを変えた様々なバリエーション最大14パターンを作成することができるため、顧客のニーズに合わせてチラシを選んで使用することが可能になり、その場で最適な提案をすることもできるようになる。また、不動産のチラシは、景品表示法にてその内容等に制約があり、そのルールから逸脱しないために審査にも時間と労力を要していたが、このシステムではAIがルールに則った上で正しい情報を自動で入力することで、審査自体のプロセスも大幅に短縮化・効率化される。さらに、オンラインチラシから営業担当に電話・LINE・メールをダイレクトにすることができる機能を備えており、顧客は自宅でも読み取った物件チラシを見てスムーズに問い合わせをすることができる。

尚、本システムは内製開発によりオープンハウス社員のみで開発し、チラシデザインはオープンハウスグループ会社のPLUS-D社が担当している。

今後は、AIが作成するチラシのバリエーションを更に増やしていく他、本技術を対面営業だけでなくメールやLINE等のSNSにも展開し、ニーズも多様化する現代において様々な顧客に満足頂けるような営業・接客を支援するIT活用の拡大に取り組んでいくとのこと。

AIに物件名を伝えるAIに物件名を伝える
RPA・AIが作成したチラシRPA・AIが作成したチラシ

提供元:PRTIMES プレスリリース詳細

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事