• TOP
  • ニュース・トレンド
  • RPAテクノロジーズ、電子ペーパーソリューション「BizRobo! Paper-free」クラウドサービス提供開始

共有する

RPAテクノロジーズ、電子ペーパーソリューション「BizRobo! Paper-free」クラウドサービス提供開始

RPAテクノロジーズRPAテクノロジーズ

RPAテクノロジーズ株式会社は、企業ひいては社会のペーパーレスを加速させ、人を煩雑な文書処理業務から解放する情報入力プラットフォーム「BizRobo! Paper-free」クラウドサービスを2020年6月18日より提供開始した。

サービス提供の背景

「BizRobo! Paper-free」は、情報の起点である紙を、電子の「紙」に置き換え、手書き入力などのアナログな良さを活かしつつ、情報入力時点での即時データ化、確定処理を行い、構造化データをワンストップに後続プロセスへ連携していくソリューションである。これまで、システム構築を前提とした提供だったが、この度、クラウドサービスとして提供を開始する。
これにより、インターネット環境さえあれば、以下の 3STEP で帳票入力、転記、保管などの業務のペーパーレスを即座にスタートすることができる。

ペーパーレス化の3STEP

日本の脱紙に関する意識は、新型コロナウイルスの拡大によるリモートワーク推進で急速に進んだが、紙業務をすべて電子化にするには、まだまだ時間がかかる問題として浮き彫りにもなった。こういった日本の業務現場のペーパーレス化やデジタル化の促進においても、「BizRobo! Paper-free」が活用されるようサービス展開をしていくとのこと。

サービス特徴

「BizRobo! Paper-free」は以下のような特徴を備えている。

• OCRが不要(紙そのもののコストや再鑑作業などが不要)
• ユーザービリティが高く簡単に誰でも使える手書き入力(活字変換)
• 国際規格準拠のPDFをベースに採用し、以下の性質を有する
  o 真正性、保存性、見読性の帳票原本としての3要素
  o 堅牢かつシステムに依存しない文書フォーマット
  o 現場がノンプログラミングで作成や変更ができる運用性
• どんなRPA製品でもご利用頂くことが可能
• 法的根拠をもつ電子サイン(直筆署名)を行うことが可能

「BizRobo! Paper-free」概要

「BizRobo! Paper-free」とは、手書き入力や、情報の記録や証跡、伝達を行う等の紙が有する特性を、デジタルで表現しながら、入力時点でのデータ化や、後続処理までの業務プロセスをRPAやAPI等と連携し一気通貫してデジタル化する電子ソリューションである。これまで業務のデジタル化においてボトルネックになっていた「紙」を、デジタル化の「起点」とすることで、デジタルトランスフォーメーションを加速させることができるという。

「BizRobo! Paper-free」による文書関連業務のデジタル化のイメージ

紙のデータ入力を無くし、データの取得時点で電子データ化することにより、紙処理における、内容確認、修正、仕分け、入力などの人的作業を全てデジタルレイバー(RPA)に代行してもらうことが可能になり、業務フロー全体のデジタル化を実現する。

文書関連業務のデジタル化のイメージ

提供元:RPAテクノロジーズ株式会社 プレスリリース詳細

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事