共有する

関通、WMSとRPAを掛け合わした帳票発行の自動化を実現

関通

EC・通販物流支援サービスを中心とした物流サービス事業の株式会社関通は、自社で開発・販売を行っているWMS(クラウドトーマス)とRPAを掛け合わせた、帳票発行自動化の実現に成功した。

今回の自動化について

今回の帳票発行自動化は、出荷指示データの取り込みから引当、帳票印刷、必要なデータの出力を自動で行い、人の手をかえすことなく自動で、プリンターから帳票が発行されデータが出力される仕組みとなっている。

また、自動作業を夜中に実行させることで、朝出勤すると帳票が発行されて、出社後すぐ、現場作業に取り掛かることができる。

この改善により、業務稼働時間を延長することができ、関通の一つの顧客の現場では、一日の対応件数が300件増(約15%増)を実現した。

提供元:株式会社関通 プレスリリース詳細

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事