共有する

パーソルのRPA、RPAの導入・定着ノウハウを活かしたAI-OCR導入支援サービスを拡大

総合人材サービス・パーソルグループのパーソルプロセス&テクノロジー株式会社(以下、パーソルP&T)が提供するRPAサービスブランド「パーソルのRPA」では、AI inside株式会社が開発するAI-OCR「DX Suite」の取り扱いを開始した。これにより、RPAの導入支援と合わせたAI-OCR導入支援サービスを提供し企業のデジタル化をさらに推進していくとのこと。

パーソルのRPA×DXSuite

背景

働き方改革の推進やコロナウイルス感染拡大によるテレワークや在宅勤務の活用により、企業のデジタル化が進められている。しかし、発注書や請求書といった重要書類がいまだペーパーレス化されていない企業では、外出自粛要請の中でも出社し受発注業務や承認作業を行うといったケースがあった。
また、企業のデジタル化の施策として業務の自動化・RPA導入に関心が高まる中、紙書類のデータ化が不可欠となり、企業の業務効率化・デジタル化を妨げる要因にもなっていた。

概要

「パーソルのRPA」では、after/withコロナにおける新しい生活様式にあわせたはたらき方を推進すべく、テクノロジーを活用した業務のデジタル化を実現するソリューションを提供する。その1つとして、AI-OCR業界のトップクラスのシェアを持つAI inside社のAI-OCR「DX Suite」の取り扱いを開始し、AI-OCRサービスを提供する。

「DX Suite」は2020年6月時点で3,000契約を突破したAI-OCRサービスである。
クライアントPCやサーバー上で行う業務の自動化を得意とするRPAの活用には、紙書類や画像のあらゆる文字のデータ化が必要不可欠であるため、AI-OCRはRPAとの相性が良く、幅広い業務の効率化・デジタル化を行なった事例が多くある。

また、2020年5月11日にAI inside社から発表された利用量が少ない企業向けプランとなる「DX Suite Lite」の提供も開始し、小規模事業者や部門ごとでの導入検証などに活用することが可能である。
「パーソルのRPA」ではRPA導入、活用支援で培った業務整理や内製化のノウハウを活用し、RPAの導入・定着支援と掛け合わせたAI-OCRサービスを提供していくとのこと。

RPAでの導入・定着支援を生かした内製化の支援

「パーソルのRPA」では、RPA業務の内製化を支援しており、企業向けの研修や専門人材の育成にも注力している。取り扱いを開始する「DX Suite」は担当者が操作するUI画面が非常に使いやすく、AI-OCR業務の内製化に向けても活用がしやすいサービスとのこと。

RPAxAI-OCR 業務フローイメージ

引用元:パーソルプロセス&テクノロジー株式会社 プレスリリース詳細へ

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事