• TOP
  • ニュース・トレンド
  • ユーザックシステム、AI-OCR×RPAソリューションの提供を開始 紙帳票のデータ化から基幹システム連携まで大幅に効率化

共有する

ユーザックシステム、AI-OCR×RPAソリューションの提供を開始 紙帳票のデータ化から基幹システム連携まで大幅に効率化

ユーザックシステムユーザックシステム

ユーザックシステム株式会社は、ネットスマイル株式会社と提携し、紙帳票を基幹システムに入力する作業に課題を抱える企業向けに、AI-OCRとRPAとの組合せによって一連の作業を自動化させ、飛躍的に業務効率を向上させるソリューションの提供を開始した。

今回、提供を開始したのは、紙帳票をデジタルデータ化するネットスマイル株式会社の「AIスキャンロボ®」と、パソコン操作を自動化するユーザックシステム株式会社のRPA「Autoジョブ名人」を連携させたソリューションである。本ソリューションを導入することで、スキャンした紙帳票のデータ化から基幹システムへの入力までの自動化を実現。データ入力作業の大幅な効率化が可能となる。

新型コロナウイルス感染症対策としてテレワークが推奨されるなか実施された「新型コロナウイルスによる経理財務業務への影響に関する調査(日本CFO協会)」によれば、調査対象企業のうち、約3割の企業がテレワークの実施に踏み切れなかったとのこと。その理由として最も多かったものが「請求書や契約書など、紙書類のデジタル化に対応できていない」だった。また、テレワークを実施した7割の企業についても「紙帳票の処理のため、出社の必要が生じた」と回答している。つまり、紙帳票のデジタル化やクラウド化の環境整備が進めば、テレワークに臨める人員の増大や出社回数の軽減をさらに進められるのではと考えているとのこと。

●効率化が期待される業務(帳票)
営業部門:見積書、発注書などの入力作業
総務部門:受取請求書、支払明細書などの入力作業、突き合わせ業務
物流部門:納品書、送り状などの入力作業
貿易業務:インボイス、船積み依頼書などの入力作業

システム連携イメージ

AIスキャンロボ®

独自の人工知能OCRプログラムによる高い認識率が特長。ディープラーニング(CNN、DNN、LSTM等)を用いた独自の人工知能OCRプログラムにより文字認識精度を向上。

Autoジョブ名人

WindowsアプリやEXCEL操作などを自動化するRPA。単純な画面操作だけではなく、取引先とのデータ交換など、基幹業務に関わるミスが許されない業務での利用も多い。

ユーザックシステム RPAツール Autoジョブ名人詳細ページは こちら

提供元:ユーザックシステム株式会社 プレスリリース詳細

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事