• TOP
  • ニュース・トレンド
  • ジャパンシステム、新型コロナ給付金の給付にかかる自治体業務の効率化・自動化を支援

共有する

ジャパンシステム、新型コロナ給付金の給付にかかる自治体業務の効率化・自動化を支援

~財務会計システムと連携した、RPA による給付業務の一部自動化~

ジャパンシステム

ジャパンシステム株式会社(以下、ジャパンシステム)は、新型コロナウイルス感染症緊急経済対策の家計支援策として給付が決定している「特別定額給付金」(以下、給付金)の給付にかかる自治体業務を、RPAにより一部自動化するサービスの提供を開始した。

本サービスの導入により、給付にかかる自治体職員の皆様の業務負担を軽減し、給付の迅速化にも貢献できるものと考えている。

ジャパンシステムは、今後も新型コロナウイルス感染拡大防止及び関連支援に取り組む全国地方自治体等の業務負担軽減・効率化を、情報システム・ソリューションの提供により支援していくとのこと。

本サービスの内容

・給付金の申請データから金融機関向け口座振込データ作成を RPA により自動化、さらに財務会計システムとの連携により会計処理も自動化可能(ジャパンシステム財務会計システム「FAST」を利用の自治体向け)

・LGWAN(総合行政ネットワーク)を利用したクラウドサービスにより提供することで、セキュアで利便性の高い環境下での利用を実現、迅速なサービス開始が可能

本サービス提供の背景

・全国地方自治体では、新型コロナウイルス感染拡大防止・関連支援対応で大幅に業務が増加する中、今回の給付金実施においても迅速かつ的確な作業が求められており、相当な業務負荷となることが想定される。

・自治体職員の皆様も感染拡大防止のためテレワークが勧奨される中、今回の給付にかかる業務のように個人情報を扱う機密性の高い業務においてはテレワークによる作業は難しい状況にあり、業務中の感染リスクを軽減するためには、作業時間の短縮が有効であると考えられる。

・膨大な件数の申請を迅速に処理することが求められるが、定型業務をロボットにより自動化することで人為的ミスを防ぎ、スピーディーな処理が可能となる。

・人による作業を自動化することにより、人を介した個人情報漏えいリスクの防止策としても有効である。
なお、ジャパンシステムでは本サービスの提供に加え、新型コロナウイルス感染拡大防止及び関連支援に取り組む全国地方自治体等の業務負担軽減・効率化の支援に関する相談窓口を設置している。

提供元:ジャパンシステム プレスリリース詳細

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事