• TOP
  • ニュース・トレンド
  • RPAホールディングスグループ、伊予鉄総合企画と「愛媛県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金申請書」手続き業務支援

共有する

RPAホールディングスグループ、伊予鉄総合企画と「愛媛県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金申請書」手続き業務支援

~「BizRobo!」と「事務ロボ」を提供し、ロボットBPOとして迅速な協力金支給に向けた支援を開始~

RPAテクノロジーズRPAテクノロジーズ

RPAホールディングス(以下、RPAホールディングス」)の子会社で、RPA/Digital Laborのベーステクノロジーを提供する RPAテクノロジーズ株式会社(以下、RPAテクノロジーズ)およびオープンアソシエイツ株式会社(以下、オープンアソシエイツ)は株式会社伊予鉄グループ(以下、伊予鉄グループ)の子会社である伊予鉄総合企画株式会社(以下、伊予鉄総合企画)と共同で、「愛媛県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金申請書」における、迅速な協力金支給を目的とした協力金申請・配布フロー業務へ、「BizRobo!」と「事務ロボ」の提供および申請フローの効率化支援を実施する。

今回実施するロボットBPOの処理フロー

「BizRobo!」および「事務ロボ」の活用背景について

新型コロナウイルス感染症の影響に伴う事業の休業において、経済産業省をはじめとする各種行政機関や、政府金融機関より、支援金・協力金等の支援策が講じられている。これらの申請においては多くの書類提出と条件確認を必要とし、また、事業者にとっては急を要する資金繰りであるため、迅速な支給が求められているが、膨大な数の申請に対応するため、支給までに時間がかかることが想定されている。

この度の支援は、愛媛県の「新型コロナウイルス感染症対策推進事業者協力金・新ビジネス協力金」において、事業者から申請された書類を、「事務ロボ」を使用し、スキャナーで画像データを高精度の AI-OCRで自動データ化、抽出データを編集ファイルに出力する。続いて「BizRobo!」を活用して抽出したデータをもとに申請者への送付文作成までを受託し、納品を行う。

これにより、支給業務に係る時間が大幅に短縮されるだけでなく、ミスの無いスムーズな対応を可能とする。今回の業務では最大15,000件の処理を支援する予定。

RPAホールディングスは、新型コロナウイルスの影響により混沌とする社会情勢において、県や自治体が講じる資金援助書類に対して、愛媛県同様に「BizRobo!」及び「事務ロボ」を提供し、支援金・協力金等の支給までの時間短縮だけでなく、職員の業務負担軽減と、在宅・リモートの推進支援に寄与するとのこと。

「事務ロボ」のコロナウイルス支援申請書のサポートについて

問合せはこちら
特設サイトはこちら

コロナ緊急支援金申請書データ化サポート

提供元:RPAホールディングスグループ プレスリリース詳細

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事