ログイン

共有する

アデコ、RPAの導入によりバックオフィス業務を効率化

世界最大の人財サービス企業であるアデコグループの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社は、自社におけるバックオフィス業務にRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を導入したことを発表した。

アデコには現在34,600名の派遣登録就業者が在籍しているほか、人財紹介においても多くの求職者が登録し、顧客企業に対してサービスを提供している。このため、膨大な量の事務作業が日常的に発生しており、質と量の両面でサービスを向上するためにバックオフィス業務の効率化が課題となっていた。RPAを導入することによって、これまで人の手によって行っていたデータ入力などの事務作業や、ルールやワークフローなどの手順が定まっている定型業務をボットにより自動化することができるだけでなく、生産性の向上を図ることが可能になり、さらに文字や数字の入力ミスといったオペレーション上のミスが大幅に軽減されるため、業務品質の向上にもつながる。

今後は全国の支社にもRPAを導入し、営業関連の業務についてもさらなる効率化を進めることで収益性の向上を図るとしている。

引用元:アデコ株式会社 プレスリリース詳細へ

【本件に関する問い合わせ先】
・アデコ株式会社 Communication & Branding
 TEL:03-6743-8085

2017/8/24データ提供 アデコ株式会社

 

 

 

この記事にコメント

関連記事

【IoT×RPA】アジアクエストが RPAコンサルティングサービスを提供開始

【IoT×RPA】アジアクエストが RPAコンサルティングサービスを提供開始

レオパレス21、業務の自動化・効率化を行うRPAソリューションの導入開始

レオパレス21、業務の自動化・効率化を行うRPAソリューションの導入開始

国内初のクラウドRPA「BizteX cobit」サービス開始1周年

国内初のクラウドRPA「BizteX cobit」サービス開始1周年

RPA活用の先へ。デジタルレイバーとの協働によるWork Life Integrationを体験するイベント『BizRobo! LAND 2018』開催

RPA活用の先へ。デジタルレイバーとの協働によるWork Life Integrationを体験するイベント『BizRobo! LAND 2018』開催

ディープラーニング技術の活用によるOCRエンジンを開発 非定型の帳票からデータ抽出を可能にしRPAとの接続で企業の圧倒的な生産性向上を実現

ディープラーニング技術の活用によるOCRエンジンを開発 非定型の帳票からデータ抽出を可能にしRPAとの接続で企業の圧倒的な生産性向上を実現

「BizRobo! ユーザーコミュニティ」発足『第1回BizRobo! CAMP!!』開催

「BizRobo! ユーザーコミュニティ」発足『第1回BizRobo! CAMP!!』開催

RPAテクノロジーズ、クラウドワークス、パナソニック ソリューションテクノロジー RPA導入ワンストップサービス「Forge RPA」を共同開発

RPAテクノロジーズ、クラウドワークス、パナソニック ソリューションテクノロジー RPA導入ワンストップサービス「Forge RPA」を共同開発

RPAテクノロジーズ、クラウドワークス、パナソニック ソリューションテクノロジー RPA導入ワンストップサービス「Forge RPA」を共同開発

RPAテクノロジーズ、クラウドワークス、パナソニック ソリューションテクノロジー RPA導入ワンストップサービス「Forge RPA」を共同開発